アスカニオ・ソブレロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ascanio Sobrero
Ascanio Sobrero.jpg
Ascanio Sobrero
生誕 1812年10月12日
死没 1888年12月26日(1888-12-26)(76歳)
イタリアトリノ
居住 イタリア
国籍 イタリア人
研究分野 有機化学
研究機関 ギーセン大学,
トリノ大学
出身校 ギーセン大学
博士課程
指導教員
ユストゥス・フォン・リービッヒ
主な業績 ニトログリセリンの発明
プロジェクト:人物伝

アスカニオ・ソブレロ1812年10月12日カザーレ・モンフェッラート - 1888年12月26日トリノ)は、イタリア人の化学者で、ニトログリセリンを発明したことで有名である。イタリア科学アカデミーのメンバー。

トリノ大学テオフィル=ジュール・ペルーズの下で爆薬ニトロセルロースについて研究していた。ペルーズの門下生には、ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルもいる。

生涯[編集]

医師のGiuseppe Sobreroの息子として生まれた。叔父のカルロ・ラファエロはトリノの工廠の化学研究所所長で、その影響で化学に興味を持った。 トリノ大学とパリ大学で医学を、その後ユストゥス・フォン・リービッヒと共にギーセン大学で化学を学んだ。1832年に博士号を取得し、1845年にトリノ大学の教授になった。

彼は研究のなかで、ニトログリセリンを開発していた。当初はパイログリセリンと呼んでおり、個人的な手紙やジャーナルの論文で、非常に危険な物質で取扱いは不可能と厳重に警告していた。事実、製造してから一年以上秘匿し、何かにとても怯えているようであった。

その後も、研究や教育を長年に渡り継続し、1851年に循環器用薬のソブレロールなどを開発した。1848年に起きた暴動によってトリノを追われる等があったが、ノーベルがニトログリセリンを大量に製造したおかげで、老後の年金生活は豊かだった。

死後、クーネオ県カヴァッレルマッジョーレの墓地に埋葬された。

出典[編集]