アジア救急医学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アジア救急医学会(あじあきゅうきゅういがくかい、Asian Society for Emergency Medicine、略称:ASEM)は、アジア各国の救急医により組織された学術団体。

概要[編集]

アジア各国からの代表者により、1995年の第二回南東アジア救急医療カンファレンス(2nd South East Asia Conference on Emergency Medical Care)においてアジア救急医学会として創設された。1998年に第一回の学術集会であるアジア救急医学カンファレンス 1st Asian Conference on Emergency Medicine、略称:ACEM)をシンガポールにて開催した。2011年2月の時点で、参加国は、香港シンガポールマレーシア台湾日本韓国バーレーンタイインド(2007年1月加盟)である。また学会としては、香港救急医学会(Hong Kong Society of Emergency Medicine)、シンガポール救急医学会(Society for Emergency Medicine in Singapore)、台湾急診医学会(Taiwan Society of Emergency Medicine)、韓国救急医学会(Korean Society of Emergency Medicine)、マレーシア外傷救急医学会(Malaysian Society for Traumatology and Emergency Medicine (MASTEM))、日本臨床救急医学会(JSEM: Japanese Society for Emergency Medicine)、タイ救急医学会(Thai Association of Emergency Medicine (TAEM))、バーレーン救急医協会(Bahrain Emergentologist Association)、インド救急医学会(Society for Emergency Medicine India (SEMI))が加盟していた。2011年より日本臨床救急医学会と日本救急医学会(JAAM: Japanese Association of Acute Medicine)の合意により日本を代表して日本救急医学会(JAAM)が加盟している。

学術集会の開催[編集]

ACEMとして、第1回は1998年10月23日にシンガポール、第2回は2001年3月22日-25日に台北台湾)、第3回は2001年10月1日ー10日に香港、第4回は2007年3月23日-25日にクアラルンプールマレーシア、第5回は2009年5月16日-19日に釜山韓国)、第6回は2011年7月4日-6日にバンコクタイ)で開催された。次回、第7回は2013年秋に第41回日本救急医学会総会・学術集会とオーバーラップして日本で開催予定である。次々回、第8回は2015年台北台湾)で開催される予定である。

出典[編集]

Our History, Asian Society for Emergency Medicine 原文閲覧サイト

外部リンク[編集]