アシレズクトンシンターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アシレズクトンシンターゼ
識別子
EC番号 3.1.3.77
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum

アシレズクトンシンターゼ(Acireductone synthase、EC 3.1.3.77)は、5-(メチルチオ)-2,3-ジオキソペンチル-リン酸 ホスホヒドロラーゼ (異性化)(5-(methylthio)-2,3-dioxopentyl-phosphate phosphohydrolase (isomerizing))という系統名を持つ酵素である[1][2][3]。この酵素は、以下の化学反応触媒する。

5-(メチルチオ)-2,3-ジオキソペンチルリン酸 + 1,2-ジヒドロキシ-5-(メチルチオ)ペント-1-エン-3-オン + リン酸(全体)
(1a) 5-(メチルチオ)-2,3-ジオキソペンチルリン酸2-ヒドロキシ-5-(メチルチオ)-3-オキソペント-1-エニルリン酸(恐らく同時)
(1b) 2-ヒドロキシ-5-(メチルチオ)-3-オキソペント-1-エニルリン酸 + 水1,2-ジヒドロキシ-5-(メチルチオ)ペント-1-エン-3-オン + リン酸

出典[編集]

  1. ^ Myers, R.W., Wray, J.W., Fish, S. and Abeles, R.H. (1993年). “Purification and characterization of an enzyme involved in oxidative carbon-carbon bond cleavage reactions in the methionine salvage pathway of Klebsiella pneumoniae”. J. Biol. Chem. 268 (33): 24785–24791. PMID 8227039. 
  2. ^ Wray, J.W. and Abeles, R.H. (1995年). “The methionine salvage pathway in Klebsiella pneumoniae and rat liver. Identification and characterization of two novel dioxygenases”. J. Biol. Chem. 270: 3147–3153. doi:10.1074/jbc.270.7.3147. PMID 7852397. 
  3. ^ Wang, H., Pang, H., Bartlam, M. and Rao, Z. (2005年). “Crystal structure of human E1 enzyme and its complex with a substrate analog reveals the mechanism of its phosphatase/enolase activity”. J. Mol. Biol. 348 (4): 917–926. doi:10.1016/j.jmb.2005.01.072. PMID 15843022. 

外部リンク[編集]