アシルグリセロールリパーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アシルグリセロールリパーゼ
識別子
EC番号 3.1.1.23
CAS登録番号 9040-75-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

アシルグリセロールリパーゼ(Acylglycerol lipase、EC 3.1.1.23)は、分を用いて長鎖脂肪酸グリセロールモノエステルを分解する化学反応触媒する酵素である。

この酵素は加水分解酵素に分類され、特にエステル結合に作用する。系統名は、グリセロール-エステル アシルヒドロラーゼ(glycerol-ester acylhydrolase)である。グリセロ脂質代謝に関与している。

出典[編集]

  • Mentlein R, Heiland S, Heymann E (1980). “Simultaneous purification and comparative characterization of six serine hydrolases from rat liver microsomes”. Arch. Biochem. Biophys. 200 (2): 547–59. doi:10.1016/0003-9861(80)90386-0. PMID 6776896. 
  • Pope JL, McPherson JC, Tidwell HC (1966). “A study of a monoglyceride-hydrolyzing enzyme of intestinal mucosa”. J. Biol. Chem. 241 (10): 2306–10. PMID 5916497.