アクリロイル基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アクリロイル基の構造式

アクリロイル基(アクリロイルき、acryloyl group)は、H2C=CH–C(=O)–という構造を持つ官能基で、アクリル酸から誘導されるアシル基である。IUPAC推奨名はプロパ-2-エノイル(prop-2-enoyl)[1]。(厳密さを無視して)アクリリル基(acrylyl)、アクリル基(acryl)と呼ばれることもある。アクリロイル基を含む化合物を「アクリル化合物」と呼ぶ。

アクリル化合物はおもにα,β-不飽和カルボニル化合物であり、炭素-炭素単結合を挟んで炭素-炭素二重結合と炭素-酸素二重結合を持つ。そのためそれぞれの二重結合に特徴的な性質を合わせ持つ。

また、2つの二重結合は炭素-炭素単結合を挟んでつながっているため、共役二重結合になっている。

出典[編集]

  1. ^ 日本化学会命名法専門委員会『有機化学命名法: IUPAC2013勧告および優先IUPAC名』東京化学同人、2017年、547頁。ISBN 978-4807909070

関連項目[編集]