アクリルゴム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アクリルゴム: Acrylic rubber)は、アクリル酸エステルを主成分に持つ合成ゴムの総称。アクリル酸エステルと2-クロロエチルビニルエーテルとの共重合体はACM、アクリル酸エステルとアクリロニトリルとの共重合体はANMの略号で呼ばれる。

性質[編集]

耐熱油性、耐熱老化性、耐侯性に優れ、自動車用オイルホースガスケットなどに用いられる。標準グレードではモノマーには主にアクリル酸エチルが使われ、耐寒性は-15℃程度であるが、超耐寒グレードではアクリル酸ブチルやアクリル酸メトキシエチルが用いられ、-35℃程度までの使用に耐えうる。耐熱性は約180℃であり、ポリジメチルシロキサンを使用したACMではさらに耐熱性が向上する。

参考文献[編集]

  • 田中康之・浅井治海 『ゴム・エラストマー』 大日本図書、1993年ISBN 4-477-00395-1