アカハジロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アカハジロ
アカハジロ
アカハジロ(オス生殖羽) Aythya baeri
保全状況評価[1]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ハジロ属 Aythya
: アカハジロ A. baeri
学名
Aythya baeri (Radde, 1863)[1][2][3]
和名
アカハジロ[4][5]
英名
Baer's pochard[1][2][3][4][5]
Siberian pochard[4]
Siberian white-eye[5]

アカハジロAythya baeri)は、鳥綱カモ目カモ科ハジロ属に分類される鳥類。

分布[編集]

インドタイ王国中華人民共和国朝鮮民主主義人民共和国ネパールバングラデシュベトナムミャンマーロシア東部[1]

中華人民共和国北東部やロシア東部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や東南アジアへ南下し越冬する[5]。日本には冬季に越冬のためまれに飛来する(冬鳥)[2][5]

形態[編集]

全長46センチメートル[5]。翼長オス21 - 23.3センチメートル、メス18.6 - 20.3センチメートル[4]体重800グラム[5]。頸部はやや長い[4]

嘴の色彩は青灰色や暗青色[4][5]。後肢は灰色[4][5]

オスの成鳥は虹彩は白や淡黄色[4][5]。繁殖期のオスは頭部が緑色の光沢がある黒[5]。頸部は黒い[4][5]。背は褐色や黒褐色[4][5]。胸部の羽衣は赤褐色、腹部や尾羽基部の下面(下尾筒)を被う羽毛は白い[4][5]。雨覆の色彩は黒褐色で、風切羽の色彩は白い[5]。非繁殖期のオス(エクリプス)は全身の羽衣が褐色や黒褐色[4]。メスは眼先に淡色斑が入る[5]。虹彩は褐色[4]

生態[編集]

植物の根などを食べるが、動物質も食べると考えられている[5]。潜水して採食を行う[5]

繁殖様式は卵生。周囲が開けていてヨシ類や水生植物が繁茂した河川の水辺に巣を作る[5]。6 - 9個の卵を産む[4][5]。抱卵期間は27日[4]

人間との関係[編集]

水田開発による繁殖地の破壊、密猟などにより生息数は激減している[1][5]1994年における生息数は10,000羽以下と推定されている[5]

日本
上記の通りまれな冬鳥であり、日本は主要な越冬地ではないと考えられている[2]。2013年までの環境省による調査報告では、2003年(1月に12羽が確認されている)を除いて1996年以降は10羽以上飛来した記録はなく、2009年の調査では確認されていない[2]。1973年以前はオシドリを除くカモ類が狩猟鳥獣だったため狩猟されていた可能性はあるが、以降は狩猟されていないため日本国内の飛来数減少の原因は不明とされる[2]
情報不足(DD)環境省レッドリスト[2]
Status jenv DD.svg

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e BirdLife International. 2017. Aythya baeri. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T22680384A118419819. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2017-3.RLTS.T22680384A118419819.en. Downloaded on 01 March 2018.
  2. ^ a b c d e f g 藤井幹 「アカハジロ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-2 鳥類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、236頁。
  3. ^ a b Screamers, ducks, geese, swans, Gill F & D Donsker (Eds). 2018. IOC World Bird List (v 8.1). http://dx.doi.org/10.14344/IOC.ML.8.1 (Retrieved 1 March 2018)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 黒田長久・森岡弘之監修 「ガンカモ科の分類」『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、14-88頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 竹下信雄 「アカハジロ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、183頁。

関連項目[編集]