アカシロクイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アカシロクイナ
Laterallus leucopyrrhus -Intervales State Park, Sao Paulo, Brazil-8.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: クイナ科 Rallidae
: コガタクイナ属
Laterallus
: アカシロクイナ
L. leucopyrrhus
学名
Laterallus leucopyrrhus
(Vieillot, 1819)
和名
アカシロクイナ
英名
Red-and-white Crake

アカシロクイナ(赤白水鶏、学名:Laterallus leucopyrrhus) は、ツル目クイナ科に分類される鳥類の一種である。別名アカシロコガタクイナとも呼ばれる。


分布[編集]

ブラジル南部からアルゼンチン北部にかけて分布する。

形態[編集]

体長14-17cm。

生態[編集]

低地の開けた湿地に生息する。

1腹3個の卵を産む。飼育下では抱卵期間は24日で、雌雄協同で抱卵する。

参考文献[編集]

  • 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』、東京動物園協会、1989年、68、163頁。