アウグスト・シュナイトフーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1930年のアウグスト・シュナイトフーバー。

アウグスト・シュナイトフーバーAugust Schneidhuber1887年5月8日1934年6月30日)はドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の組織突撃隊(SA)の隊員。最終階級は突撃隊大将(SA-Obergruppenführer)。長いナイフの夜事件の際に粛清された。

略歴[編集]

de:Traunstein出身。第一次世界大戦に出征し、一級鉄十字章二級鉄十字章を受章した。戦後、ユダヤ人女性のフランツィスカ・ヴァッセルマンと最初の結婚をした。彼女は1942年7月にテレージエンシュタット・ゲットーに送られている[1]

シュナイトフーバーは、1928年に突撃隊に参加した。1929年から突撃隊南方集団(SA-Gruppe Süd)の指導者に任じられた。1931年に西方集団(SA-Gruppe West)の指導者に転じ、さらに1932年からミュンヘンを本部とする突撃隊第7上級集団(SA-Obergruppe 7)の指導者となった。1932年7月の国会議員選挙ではヘッセン・ダルムシュタット地区から出馬して当選。

1933年にナチ党が政権を掌握したあと、ミュンヘン警察長官となる。しかしバイエルン州警察の秘密警察を監督するハインリヒ・ヒムラーラインハルト・ハイドリヒと対立するようになった。ハイドリヒは来るべき長いナイフの夜に備えて作成させていた粛清リストにシュナイトフーバーの名前を入れている。一方ハイドリヒの部下ヴェルナー・ベストは「上品で忠実な人物である」としてシュナイトフーバーを名簿に入れることには反対していた[2]

ヒムラーから突撃隊幹部の謀反の証拠を提出されたアドルフ・ヒトラーは、ついに突撃隊幹部粛清を決意し、1934年6月28日にレームら突撃隊幹部に対して会合を提案してバート・ヴィースゼーBad Wiessee)に呼び集めた。1934年6月30日明け方、ミュンヘンに到着したヒトラーはまずバイエルン内務省へ向かった。ここでシュナイトフーバーはヴィルヘルム・シュミットSA中将(Wilhelm Schmid)とともに逮捕された。その後、レームも投獄されたシュターデルハイム刑務所(Justizvollzugsanstalt München in der Stadelheimer Straße)へ投獄された。ヒトラーはレームの処刑についてはしばらく悩み、処刑を翌日まで許可しなかったが、シュナイトフーバーら他の突撃隊幹部の処刑は許可した。夕方、ヨーゼフ・ディートリヒら「ライプシュタンダルテ・アドルフ・ヒトラー」部隊員が現れ、ヴィルヘルム・シュミットペーター・フォン・ハイデブレックエドムント・ハイネスハンス・ハインハンス・フォン・シュプレーティ=ヴァイルバッハの5名とともに中庭へ連れて行かれて銃殺された[3]

参考文献[編集]

  • Erich Stockhorst著『5000 Köpfe – Wer war was im Dritten Reich』Arndt, Kiel 2000年, ISBN 3-88741-116-1.

出典[編集]

  1. ^ フランツィスカ・ヴァッセルマンの簡単な伝記
  2. ^ ハインツ・ヘーネ著『SSの歴史 髑髏の結社』森亮一訳 (フジ出版社,1981年)ISBN 4-89226-050-9, 108ページ
  3. ^ ノルベルト・フライ著『総統国家―ナチスの支配 1933―1945年』(岩波書店,1994年)ISBN 978-4000012409, 37ページ