アイン・マラッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイン・マラッハで発見された人骨。

アイン・マラッハ: Ain Mallaha)は、現在のイスラエル北部フラ湖近郊の丘陵地にある、ナトゥーフ期考古遺跡。遺跡の年代は紀元前10,000年から8,000年頃と推定される。当時、辺りはオークアーモンドピスタチオなどの樹木に覆われた森林地帯であった[1]

住民はガゼルダマジカイノシシアカシカノロジカノウサギリクガメ、ほか爬虫類魚類などを対象とした狩猟漁労活動を行っていたことが分かっている[2]

この遺跡からは、老女と生後4~5か月の子犬が一緒に埋葬されている墓が発見された。これは家畜化されたとその埋葬事例に関する、最も初期の考古学的な証拠とされている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mithen, Steven J.: After The Ice: A Global Human History, 20,000-5000 BC, page 28. Harvard University Press paperback edition, 2003.
  2. ^ C. Scarre, The Human Past, 2005.
  3. ^ Davis, S.J.M. and Valla, F.R. 1978. Evidence for the domestication of the dog 12,000 years ago in the Natufian of Israel. Nature 276, 608-10.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]