アイアシェッケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドレスデン風のアイアシェッケ
フライベルク風のアイアシェッケ

アイアシェッケ(Eierschecke)は、ドイツザクセン地方、特にドレスデンの地方菓子。ベイクド・チーズケーキ

概要[編集]

名前はドイツ語でまだらの(Schecke)卵(Eier)という意味で、焼いた菓子の表面がまだらになることに由来している。

店によっていろいろなタイプがあるが、標準的なものは卵の入ったカスタードクリーム層、凝乳(Quark、クァルク)、チーズクリーム、クッキーまたはスポンジケーキ生地などの3〜4層で構成される。

アイアシェッケは、通常食べやすい四角に切って供されるのが普通であるが、店によってはトルテ型のものもないわけではない。