ゆかにっし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゆかにっし』は荒井チェリー4コマ漫画作品。芳文社発行の『まんがタイム』で2004年4月号から2006年3月号まで連載。

ストーリー[編集]

ファンシーショップの店主として家計を支える前田結花の生活を描く『ほのぼの(!?)ファミリー4コマ』。妹の前田実音を主人公とした『みおにっき』と話がリンクしているほか、同じ荒井チェリーの作品である『三者三葉』『ハッピーとれいるず!』とのつながりもある。くわしくはこちらを参照。

登場人物およびキャラクター[編集]

前田結花(まえだ ゆか)
本作の主人公。母から受け継いだファンシーショップを経営している。だが、そのセンスは世間一般からズレており、もはやファンシーとは言えないような怪しげな代物ばかりである。自作の詩を売ろうとしたが、これもまた詩とは呼べないものである。家事はできないが、裁縫だけは得意。料理はまずく、食べた人はおなかをこわすが、自分で食べることはできる。
前田実音(まえだ みお)
結花の妹。小学生とは思えないしっかり者で、頼りない結花に代わって前田家の家計をやりくりしている。ドクロが好きで、財テクの本を読んでいる。また、サンタクロースがいないことを知っている。
前田克樹(まえだ かつき)
結花の弟。高校生。ケンカが強いが、ケンカの師匠である千歌にだけはかなわない。前田家の料理担当で連載途中から食堂でバイトを始める。自分でその食堂の味を研究するなど、かなりのこだわりを持っているが、自分ではあまり食べない。
ファレノ
前田家で飼っている猫。拾われてきたエピソードは『みおにっき』で描かれている。まるで霊感を持っているかのような仕草を見せることがある。
鶴田千歌(つるた ちか)
結花の4歳年上の幼馴染み。商店街の酒屋の娘で、実音の小学校の教師。『みおにっき』には単行本裏表紙の『夜露死苦前田さん』にのみ登場。克樹にケンカを仕込んだ張本人であり、克樹や松本先生に対して横暴な振る舞いをするが、誰も逆らえない。型破りな人物ではあるが、変人が揃っている中で突っ込みをすることが多い。
松本有祐(まつもと ゆうすけ)
実音の担任の先生。結花の店の近くに引っ越してくる。その縁から結花と一緒にいることも多く、結花に好意を抱いている模様。天然ボケなところもあり、ファンシーグッズ以外のことではセンスのずれ具合が結花とよく似ている。前田家以外で唯一本作と『みおにっき』の両作品に登場する。

書籍情報[編集]

芳文社より「まんがタイムKRコミックス」として刊行されている。

2006年5月26日に、単行本1巻が発売された。

  1. 第1巻(2006年06月10日発行) ISBN 4-8322-7578-X