やくざ非情史 血の決着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やくざ非情史 血の決着
監督 萩原遼
脚本 吉寺弾
原作 大幹部 無頼
出演者 安藤昇内田良平山本豊三嵯峨美智子大友柳太朗
音楽 小沢秀夫
撮影 星信夫
編集 竹村俊司
制作会社 創映プロ
配給 日活
公開 1970年2月21日
上映時間 89分
前作 やくざ非情史 血の盃
テンプレートを表示

やくざ非情史 血の決着』(やくざひじょうし ちのけっちゃく)は、1970年2月21日に公開された日本の映画である。監督は萩原遼。主演は安藤昇。創映プロ制作(日活配給)。やくざ非情史シリーズ第3弾。

やくざ非情史シリーズ最終作で、東映の剣豪スター大友柳太朗が唯一共演した日活作品である。

あらすじ[編集]

渡世のため、林田は国道工事の権利で対立していた親分を斬ってしまった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映像ソフト[編集]

1994年11月4日に日活からこの作品のビデオソフトが発売された(規格:VHS、廃盤)。