まどの一哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

まどの 一哉(まどの かずや、1956年 - )は、日本漫画家デザイナー大阪府出身。美学校絵文字工房(講師・赤瀬川原平)卒。間殿一哉の名義もある。

経歴[編集]

1976年、月刊漫画『ガロ』12月号にて「運命の男」でデビュー。その後『クイック・ジャパン』等で作品を発表。

また間殿一哉としてデザイナー、広告代理店勤務を経て、1990年に夫婦でマドノ・グラフィックとして独立。以後エディトリアルデザインを中心に活動する。

漫画化デビューして33年目にして初めて単行本(『洞窟ゲーム』)が出た。

2006年より『アックス』で意欲的に作品を描き、現在オンラインマガジン『電脳マヴォ』にて「三角帽子」を連載中。

放電横丁でも「愛と戦いの船」「カゲマル伝」「ロマンガロン」を連載。

単行本[編集]

雑誌特集[編集]

  • 『アックス』 第75号 特集:まどの一哉(青林工藝舎、2010年6月30日)ISBN 978-4883793181

関連項目[編集]

  • 西野空男 - 西野のペンネームは、まどのの作品に由来する

外部リンク[編集]