まったく同じ3人の他人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まったく同じ3人の他人
Three Identical Strangers
監督 ティム・ウォードル
製作 タラ・エルウッド
グレイス・ヒューズ=ハレット
ベッキー・リード
製作総指揮 トム・バリー
デミトリ・ドガニス
アダム・ホーキンズ
エイミー・エントリス英語版
サラ・ラムズデン
コートニー・セクストン
音楽 ポール・ソーンダーソン
撮影 ティム・クラッグ
編集 マイケル・ハート
製作会社
配給 ネオン英語版
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年1月19日 (SFF英語版)
アメリカ合衆国の旗 2018年6月29日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $12.3 million[1]
テンプレートを表示

まったく同じ3人の他人』(Three Identical Strangers)は、ティム・ウォードル監督による2018年のアメリカ合衆国のドキュメンタリー映画である。生後6ヶ月で別々の家族のもとへ養子に出され、自分に兄弟がいることを知らないまま育った3つ子のアメリカ人に焦点が当てられる。彼らの分離は遺伝的に同一の人物が異なる状況下で育つ家庭を追跡する、「生まれか育ちか英語版」の双生児研究英語版の一環として行われた。ドキュメンタリーはアーカイヴ映像、再現した場面、現在の彼らのインタビューを交え、3人が19歳の時にどのようにしてお互いを発見し、分離された状況を理解したのかが描かれる[2][3]

2018年1月にサンダンス映画祭でプレミア上映され[4]、米国ドキュメンタリー審査員特別賞(ストリーテリング)を受賞した[5]

背景[編集]

1961年7月12日、アメリカのあるシングルマザーのもとに3つ子が生まれた。女性は4つ子を身ごもっていたが、出産時に1人だけが死亡した[6]。3人はユダヤ系の養子縁組機関と精神科医のヴィオラ・W・バーナードとピーター・B・ヌーバウアー英語版の指示により意図的にそれぞれ異なる経済レベルの家庭(ブルーカラー・中流層・富裕層)の養子となった。3兄弟はそれぞれデヴィッド・ケルマン、エドワード・ガーランド、ボビー・シャフランとして養父母に育てられた[7][8]。3人は1980年に大学のコネクションを通じてお互いを発見して再会を喜んだものの、うつ病に苦しむこととなり、最終的にガーランドは1995年に自殺した[8]

評価[編集]

レビュー・アグリゲーターのRotten Tomatoesでは140件のレビューで支持率は96%、平均は8.2/10となった[9]Metacriticでは28件のレビューに基づいて加重平均値は81/100となった[10]

関連作品[編集]

ヌーバウアーの双子実験は映画にも出演したジャーナリストのローレンス・ライトにより1995年の『ザ・ニューヨーカー』の記事で初めて発表された[11]。同様に未完成の双子研究を扱った作品にエリーズ・シャインとポーラ・バーンスタインによる2007年の回想録『 Identical Strangers[12]と2017年のドキュメンタリー『The Twinning Reaction』がある[13]

参考文献[編集]

  1. ^ Three Identical Strangers (2018)”. Box Office Mojo. IMDb. 2018年11月3日閲覧。
  2. ^ Brook, Tom (2018年7月12日). “Film tells of secret study of triplets”. BBC News (BBC). https://www.bbc.co.uk/news/av/entertainment-arts-44795305/three-identical-strangers-the-secret-study-of-triplets 2018年8月28日閲覧。 
  3. ^ Stewart, Sara (2018年6月23日). “Separated-at-birth triplets met tragic end after shocking psych experiment”. New York Post. https://nypost.com/2018/06/23/these-triplets-were-separated-at-birth-for-a-twisted-psych-study/ 2018年9月17日閲覧。 
  4. ^ Ryan, Patrick (2018年6月26日). “'Three Identical Strangers': How triplets separated at birth became the craziest doc of 2018”. USA Today (Gannett Company). https://www.usatoday.com/story/life/movies/2018/06/26/three-identical-strangers-true-story-triplets-separated-birth/727003002/ 2018年8月28日閲覧。 
  5. ^ Kilday, Gregg (January 27, 2018). “Sundance Film Festival 2018 winners list”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/sundance-film-festival-2018-winners-list-1078976 2018年8月28日閲覧。. 
  6. ^ “Eddy Galland, Robert Shafran and David Kellman said Friday...”. United Press International. (1980年11月26日). https://www.upi.com/Archives/1980/09/26/Eddy-Galland-Robert-Shafran-and-David-Kellman-said-Friday/6750338788800/ 2018年9月6日閲覧。 
  7. ^ Saul, Stephanie (1998年1月31日). “Separated Triplets Had Been Studied Since Birth”. Newsday. https://www.greensboro.com/separated-triplets-had-been-studied-since-birth/article_7829747b-ea3c-5016-ba0c-7b254d2e45b0.html 2018年8月28日閲覧。 
  8. ^ a b Kaufman, Amy (2018年7月1日). “The surreal, sad story behind the acclaimed new doc 'Three Identical Strangers'”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/movies/la-et-mn-three-identical-strangers-documentary-20180702-story.html 2018年8月28日閲覧。 
  9. ^ Three Identical Strangers (2018)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2018年11月21日閲覧。
  10. ^ Three Identical Strangers Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2018年11月21日閲覧。
  11. ^ Wright, Lawrence (August 7, 1995). “Double Mystery”. The New Yorker. https://www.newyorker.com/magazine/1995/08/07/double-mystery 2018年9月17日閲覧。. 
  12. ^ Flaim, Denise (2007年11月25日). “Lost and Found: Twin sister separated at birth are reunited and work toward a new relationship”. Racine Journal Times. http://www.journaltimes.com/articles/2007/11/25/life/doc47478ec53fb05987935080.txt 2018年8月28日閲覧。 
  13. ^ Shinseki, Lori. “The Twinning Reaction”. Firehorse Pictures. 2018年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]