ぼくチロ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ぼくチロ!』(原題:치로와 친구들(「チロと友達」の意味)は、韓国韓国教育放送公社(EBS)で2006年に放送されたテレビアニメである。全編コンピュータアニメーションで作られた。

概要[編集]

韓国では高視聴率を記録したほか、日本やイギリス、スペインなどでも放送された。2006年にCartoons on Bay「視聴者が選んだ最高作品賞」を、2008年に大韓民国アニメーション大賞「文化観光部長官賞」を受賞した[1]

日本では、2009年10月よりNHK教育テレビのアニメワールドにおいて全52話が放送された(各話5分。なお2012年10月からBSプレミアム「おしりキッズ」内で再放送された際には、オープニングの歌が加わって各話約6分17秒。)。制作は、ミニアニメ製作委員会であった。

あらすじ[編集]

好奇心旺盛なひよこの3きょうだいチロ、チコ、チヨは、ママとパパと"四角い村"に住んでいます。3匹のひよこにとって、世界は不思議でおもしろいものに満ちています。友だちとの遊びは、楽しい学びであり、冒険でもあります。「明日はどんな面白いことが待っているのかな?」毎晩チロたちは、わくわくしながら眠りにつくのです。[2]

登場人物[編集]

キャラクター名の表記は、左側は日本語名で右側のカッコ内は韓国語名と英語名。声優の表記は、日本語版。

チロ(치로/Chiro)
声 - 津村まこと
ひよこ3兄弟の末っ子。みんなが認めるいたずら大好きのわんぱく坊や。
チコ(치코/Chico)
声 - 田村睦心
3兄弟の一番上のお兄ちゃん。普段はしっかり者だけど、時々チロと一緒に羽目をはずしてしまう。第2話からメガネをかけている。
チヨ(치요/Chiyo)
声 - 江里夏
3兄弟の真ん中。ちょっと内気で注意深い女の子。感性が豊かで絵が上手。第2話から頭に赤いリボンをつけている。
ウララ(울랄라/Ullala)
声 - 朝倉栄介
何かと3兄弟の面倒を見てくれる、花と歌が好きなワニ。いつもおっとりしていて、何事にも楽天的。簡単な魔法が使える。
クリ(쿠리/Kuri)
声 - 高城元気
気立ての優しい子ブタで、3兄弟のよき遊び相手。あまり悩まない素直な性格。番組初期には4足歩行だったが、途中から2足歩行するようになった。
チャーリー(찰리/Charlie)
声 - 平川大輔
四角い村に引っ越してきたおしゃべりな子ザル。忘れっぽく、自分の持ち物をしょっちゅう紛失してしまい、困ることもある。
ミスター・ココ(꼬꼬 아저씨/Mr.CoCo)[3]
声 - 勝沼紀義
勤勉でやさしい3兄弟のパパ。毎日夜が明けると「コケコッコー」と鳴いて、朝が来たことを知らせている。
ミセス・ココ(꼬꼬 아줌마/Mrs.CoCo)[3]
声 - 藤本喜久子
3兄弟のママ。3兄弟はもちろんそのお友達のことも、いつも笑顔であたたかく見守っている。
ウララ大王
声 - 朝倉栄介
森の中にある大きな城に住んでいるワニの大王。ウララとそっくり。千里眼瞬間移動電撃など強力な魔法が使える。
クルル
声 - 高城元気
ウララ大王に仕える子ブタ。クリとそっくりだがを着ている。

日本語版各話リスト[編集]

2009年10月26日から放送。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK Eテレ 平日 朝7時40分 - 07時45分
前番組 番組名 次番組
-
ぼくチロ!