ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ
Hilary and Jackie
監督 アナンド・タッカー
脚本 フランク・コットレル・ボイス
製作 アンドリュー・ペイターソン
ニコラス・ケント
製作総指揮 ガイ・イースト
ナイジェル・シンクレア
ルース・ジャクソン
出演者 エミリー・ワトソン
レイチェル・グリフィス
音楽 バーリントン・フェロング
撮影 デヴィッド・ジョンソン
編集 マーティン・ウォルシュ
公開 イタリアの旗 1998年9月5日 (ヴェネツィア)
イギリスの旗 1999年1月22日
日本の旗 2000年3月4日
上映時間 121分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $7,000,000
興行収入 $4,912,892[1]
テンプレートを表示

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』(Hilary and Jackie)は、1998年に制作されたイギリス映画

天才チェリストジャクリーヌ・デュ・プレ伝記映画。

ストーリー[編集]

キャストと日本語吹替[編集]

ジャクリーヌ・デュ・プレ
エミリー・ワトソン山崎美貴
ヒラリー・デュ・プレ
レイチェル・グリフィス、声:駒塚由衣
ダニエル・バレンボイム
ジェームズ・フレイン、声:井上倫宏
キーファー
デヴィッド・モリッシー、声:大塚芳忠
デレク・デュ・プレ
チャールズ・ダンス、声:糸博

エピソード[編集]

  • 公開が決まると、ジャクリーヌを誹謗する俗悪な映画であるとして、ジャクリーヌの実際の仕事仲間であったムスティスラフ・ロストロポーヴィチジュリアン・ロイド・ウェバーイツァーク・パールマンピンカス・ズーカーマンら、著名な音楽家たちが新聞社に抗議文を送るなどして公開に反対する意を表明した。映画で描かれているジャクリーヌは、ジャクリーヌの姉で原作者であるヒラリー・デュ・プレの、妹の才能に対する嫉妬から書かれた歪曲されたものであるとしている。ヒラリーの実の娘であるクレア・フィンジもこれに賛同しており、父親のクリストファー(ジェラルド・フィンジの息子)とジャクリーヌの関係は母親が本で書いているような1回限りのものではなく、ジャクリーヌが精神的に弱っていたときに父親が誘惑した継続的なものであり、一家の公然の秘密であったと述べている。
  • フランス在住の元夫ダニエル・バレンボイムからの訴訟を恐れ、フランスでは劇場公開されなかった。

脚注[編集]

  1. ^ Hilary and Jackie (1999)”. Box Office Mojo. 2009年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]