ふじと台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふじと台(ふじとだい)は、和歌山県和歌山市北部貴志地区のニュータウン浅井建設グループの西日本ニュータウン開発株式会社学園城郭都市として開発している。

概要[編集]

ふじと台南入口

計画人口は6,500世帯・3万人以上。総開発予定区域は240ヘクタール。現在は約1,400世帯が居住している(2012年(平成24年)9月現在)。

ヨーロッパの中世につくられた森に囲まれた城郭都市をコンセプトとして設計されている。城郭としての機能として、入口を3カ所に制限した設計となっている。現在は和歌山県道752号和歌山阪南線(旧国道26号)からの入口である南入口と市道中平井線からの入口である北入口が供用されており、南入口には2006年5月に中世ヨーロッパの城門をイメージしたゲートが設けられ、ロダン考える人をモチーフにした高さ4メートルのブロンズ像がモニュメントとして設置された。

また隣接して和歌山大学がある。

交通アクセス[編集]

校区[編集]

  • 小学校:和歌山市立藤戸台小学校(2011年4月開校)
  • 中学校:和歌山市立貴志中学校

今後の展望[編集]

大手ハウスメーカーと地元ハウスメーカーの合計35社が参画し、住宅開発を行っている。内訳は、和歌山住宅振興会に属する9社、ふじと台提携会社に属する23社、大阪ふじと会に属する3社に分類されている。これら35社以外の工務店や建設会社・住宅会社ではこの地に住宅を建設することができない(2012年(平成24年)9月末現在)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度16分20秒 東経135度9分10秒 / 北緯34.27222度 東経135.15278度 / 34.27222; 135.15278