ひとつの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひとつの歌
A Song I Remember
監督 杉田協士
脚本 杉田協士
製作 高橋幸
製作総指揮 勝村俊之
橋本泰樹
出演者 金子岳憲
石坂友里
枡野浩一
音楽 柳下美恵
撮影 飯岡幸子
編集 大川景子
配給 Boid
公開 2011年10月23日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ひとつの歌』(ひとつのうた)は、2011年の日本のドラマ映画。

杉田協士監督[1]。主演は金子岳憲と石坂友里[2]

2011年、第24回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門に出品される[3]

あらすじ[編集]

剛(金子岳憲)は、ポラロイド写真を撮ることが趣味。彼の手元には、列車事故で死ぬ前の妙子(天光眞弓)を駅のプラットフォームで撮った写真が残されている。しかし、そのことを妙子の娘である桐子(石坂友里)には言い出せずにいる。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松岡, 等 (2013年3月22日). “【映画・短歌】「ひとつの歌」歌人と監督がトーク 金沢市内”. 中日新聞. 2013年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月2日閲覧。
  2. ^ 外山, 真也 (2012年10月9日). “『ひとつの歌』画面の強度が生む詩情”. 福井新聞. 2013年9月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月2日閲覧。
  3. ^ ブレイザー, フィリップ (2011年10月31日). “【公式インタビュー】日本映画・ある視点『ひとつの歌』”. 東京国際映画祭. 2013年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]