しらびそ高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しらびそ峠

しらびそ高原(しらびそこうげん)は長野県飯田市上村にある、標高1918mの高原。「しらびそ」とは、マツ科モミ属の樹木であるシラビソに由来する。矢筈トンネル東出口から市道上村1号線を登ったところにあり、しらびそ峠より80mほど高い位置にある。高原からは南アルプスの山並みが一望でき、天気がよければ北アルプス中央アルプス御嶽山恵那山まで見渡せる。また、本州有数の天体観測スポットとして知られており、全国各地から天文愛好家が集う。

夏は避暑地として、秋は周辺の観光地と共に紅葉の名所となっている。

アクセス[編集]

中央自動車道飯田ICを降り、矢筈トンネル経由で約1時間15分。また、飯田駅から矢筈トンネル出口付近まではバスが出ているが、その先は公共交通機関はない。また、市道上村1号線は1車線の道路で狭く、土砂崩れなどで通行止めになることがあるので注意。

周辺の施設[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度26分17秒 東経138度01分50秒 / 北緯35.438117120956度 東経138.03057566667度 / 35.438117120956; 138.03057566667 (しらびそ峠)