くれよん・でいず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
くれよん・でいず
ジャンル 少女漫画恋愛漫画学園漫画
漫画
作者 千葉コズエ
出版社 小学館
掲載誌 Sho-Comi
レーベル 少コミフラワーコミックス
発表号 2011年24号 - 2013年6号
巻数 全4巻
テンプレート - ノート

くれよん・でいず』は、千葉コズエによる日本漫画作品。『Sho-Comi』(小学館)にて、2011年24号から2013年6号まで連載された。単行本は4巻まで刊行された。

概要[編集]

サブタイトルは「大キライなアイツ」。

千葉コズエ、『24COLORS』以来の“美術(学校)”を題材としたストーリー。

前作の『BLUE』とは大幅にストーリー内容が異なる為、今作では主人公“しま”の絵柄(特に目)を意識して、「少女マンガっぽくキラキラ度をパワーアップ」して描いていると語っている[1]

ストーリー[編集]

顔もスタイルも成績も全てが普通の一ノ瀬しまは、ド田舎で育った女の子。そんなしまは“特別な女”になるべく、田舎から上京することを決意。そして絵を描くことが大好きなしまは、寮制の学校、青葉美術学園へと入学する。

入学初日、16歳にして“天才”と呼ばれる佐治暁に出会ったしま。しかし、天才と呼ばれているのとは裏腹に、とても性格が悪い佐治は、しまをバカにした挙句「ヌードモデルをやらないか?」とまで誘う始末。

激怒したしまは「二度と関わらない」と誓うが、偶然佐治と同じクラスになり、席も隣同士となってしまい…?

登場人物[編集]

一ノ瀬しま(いちのせ しま)
田舎で育った16歳の女の子。昔から絵を描くことが大好きで、上京とともに青葉美術学園へと入学する。病弱で外へ出られない妹の為に絵を描き始めるが、小さい頃から妹に付きっきりの両親への寂しさを抱いていた。
佐治暁(さじ あかつき)
16歳にして“天才”と呼ばれている男の子。学園では特別待遇を受けており、雑誌にも幾度となく取り上げられ、将来を期待されている。性格が悪く、しまをバカにするが、彼女が描く絵に惹かれてゆき…?
安藤更紗(あんどう さらさ)
しまの女子寮の隣部屋に住んでいる女の子。口はキツイが美人で、“美しいもの”が大好き。当初はからかっていたが、しまを気に入る。
如月星名(きさらぎ せな)
しまの女子寮の向かい部屋に住んでいる。一見、美少年に見えるが優しい女の子。更紗と付き合っている(つまりレズビアン)。
マユゲ
通称「マユ」。しまのペットでセキセイインコのメス。名前はなぜか顔に眉毛があることから付けられた。いつもしまの頭の上に乗っている。

番外編[編集]

  • くれよん・でいず 番外編(2012年『Sho-Comi』増刊2月14日号) - 更紗視点のストーリー
  • くれよん・でいず 番外編(2012年『Sho-Comi』増刊10月15日号) - 星名視点のストーリー

コミックス[編集]

小学館の『フラワーコミックス』からの刊行

  1. 2012年5月25日発売、ISBN 978-4-09-134525-7
  2. 2012年9月26日発売、ISBN 978-4-09-134640-7
  3. 2013年1月25日発売、ISBN 978-4-09-134848-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年5月25日にリリースされた『くれよん・でいず』1巻の作者によるコメントより