お菊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きく
生誕 文禄4年7月2日1595年8月7日
?
死没 元和元年6月6日1615年7月1日
紀伊国
死因 処刑
記念碑 法福寺
国籍 日本の旗 日本
配偶者 山口朝安/山口朝安兵内
(父)豊臣秀次
(母)小督局
(養父)後藤興義
(養母)静

(きく、文禄4年7月2日1595年8月7日) - 元和元年6月6日1615年7月1日))は、豊臣秀次の娘。母は淡輪徹斎隆重の娘の小督局

人物[編集]

母の小督局は文禄4年(1595年)8月2日に他の38人の豊臣秀次の妻達と共に、31歳で京都三条河原で処刑されてしまった。しかし、菊はまだ生後一ヶ月であり、しかも女子であることから助命され、菊の祖父の弟の子供である後藤興義に預けられた。

やがて成人した菊は、元和元年(1615年)4月20日に紀伊国の代官である山口安弘/山口安弘喜内の嫡男、山口朝安/山口朝安兵内の元に嫁いだ。しかし、その年に大坂夏の陣が起こり、淡輪家・後藤家・山口家は豊臣方に味方した。菊の夫の朝安はわずか結婚5日目にして大坂城に入った。やがて山口の城は敵軍に囲まれ、援軍を求めるために菊は舅の安弘の命令により、密書を持ち農夫の姿になり敵軍の包囲を脱出し、風吹峠から尾根伝いに北へ向かい、信達山中で男装に変え、大坂城に入って使命を果たした。しかし、その帰り、樫井川で敵方に返書を奪われてしまった。

一方、この戦いで大阪方は敗れ、菊の養父の後藤興義・叔父の淡輪重政達は、樫井川の合戦で4月29日に討ち死にしてしまった。菊の夫の朝安も5月7日に討ち死にし、5月8日には大坂城も落城した。その後、菊は後藤家に身を隠したが、敵の浅野方に捕らえられ、同年の6月6日に紀伊南の河原で処刑された。享年20。養母の静は薄幸な菊を哀れみ、後藤家の菩提寺である法福寺に菊の木像を納め、冥福を祈ったという。

登場作品[編集]

外部リンク[編集]