えんがわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
えんがわの握り寿司

えんがわ(縁側、エンガワ)とは、の部位の通称で、刺身寿司のネタの一つ。ヒラメカレイ(ひれ)を動かすための筋肉のことをいい、コリコリとした舌触りが好まれる。身の形が家屋縁側に似ていることからそう呼ばれる。

えんがわの握り寿司は、通称「寿司の王様」と呼ばれ、古来より貴族にたしなまれていた[要検証 ]

寿司ネタで「えんがわ」といえば、本来は「ヒラメのえんがわ」を指す[要出典]基本的にヒラメ一匹から僅か4貫分しか取れないため、珍味とされていて高価である。店舗により価格はまちまちであるが、大トロに匹敵する価格で販売されていることが多い[要出典]

回転寿司で単に「えんがわ」と表示して安価で販売されている場合、カラスガレイアブラガレイオヒョウといったカレイ目代用魚のえんがわが使われている[要検証 ]

関連項目[編集]