うちのママ姉ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うちのママ姉ちゃん
ジャンル テレビドラマ
出演者 渋谷天外
中村メイコ
藤山寛美ほか
製作
制作 読売テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1963年1月5日 - 同年9月28日
放送時間 土曜19:00 - 19:30
放送枠 よみうりテレビ制作土曜7時枠連続ドラマ
放送分 30分
回数 39

特記事項:
大塚製薬一社提供
テンプレートを表示

うちのママ姉ちゃん』(うちのママねえちゃん)は、1963年1月5日から同年9月28日まで読売テレビ制作・日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ。全39回。大塚製薬一社提供。放送時間は毎週土曜19:00 - 19:30JST)。

概要[編集]

母なきあと、一家の母親代わりとして活躍、弟や妹からママ姉ちゃんと慕われる渋谷家の長女ミエコを中心に、個人タクシーの運転手でガンコおやじの直吉、秀才だが気の弱い甚六型の長男の太郎、ドライなおてんば娘の二女ユキ、いたずら盛りのふたご次郎・三郎一家と、直吉のタクシーの初乗り客で、なぜかそのまま家に居付いてしまった下宿人の藤山寛右衛門、直吉の親友でお人好しの伴順造、口やかましいおばのみねが繰り広げるホームドラマ[1]。『頓馬天狗』・『琴姫七変化』と時代劇路線が続いたこの枠では、初の現代劇で、松竹新喜劇所属の渋谷天外・藤山寛美と中村メイコを絡ませた異色作。

出演者[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1963年1月5日付け「東京新聞」テレビ欄の番組解説
読売テレビ制作・日本テレビ系列 土曜19時台前半枠
大塚製薬一社提供
前番組 番組名 次番組
琴姫七変化
【時代劇中断】
うちのママ姉ちゃん
噂の錦四郎
【時代劇再開】