Universal Network Objects

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Universal Network Objects (UNO) はOpenOffice.orgで用いられているソフトウェアコンポーネントである。インターフェース志向であり、LAN内部もしくはインターネット上で単一のコンピュータにおいて、異なるプログラム言語や、オブジェクトモデル、マシンアーキテクチャ間の相互運用性を提供することを目的とする。

UNOは言語バインディングのあるプログラム言語であれば、どの言語からであっても実装もしくはアクセスすることができる。完全なUNO言語バインディングはC++ (コンパイラに依存)やJavaPythonTcl向けに存在する。またObject REXXに対する作業が現在行われている。アクセスのみが可能なバインディングはStarOffice Basicや、OLE Automation.NET Common Language Infrastructure向けに存在する。

UNOはLGPL下において配布されているFLOSSである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]