Trusted Platform Module

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Trusted Platform Module(TPM)とは、セキュリティ( 後述 TPMでできる事 参照 )を実現する為の、ハードウェア耐タンパー性をもつセキュリティチップの事。 通常はPCなどのマザーボードに直付けされていて、CPUからLPC経由でアクセスできるコプロセッサとして働く。

耐タンパー性
内部情報および内部構造の解析を目的とした攻撃(サイドチャネル攻撃)に対する安全性のこと。ソフトウェアではデバッガ妨害処理、冗長処理の挿入、難読化などによって実現する。ハードウェアでは漏洩電磁波対策、シャーシの堅牢化、分解時における自己破壊機構などによって実現する。Tamper resistant(en) 参照

概要[編集]

RSA暗号演算やSHA-1ハッシュ演算といった機能を有しており、チップ内で暗号化・復号、デジタル署名の生成・検証、プラットフォームの完全性検証を行うことができる。また、TPMの内部でRSAの鍵ペア(公開鍵秘密鍵)を生成することができる。

TPMの仕様はTCG (= Trusted Computing Group)という国際的な業界団体で策定されており、最新のバージョンは1.2である。

ノートPCだけではなく、デスクトップPCにもTPMは搭載されている。Windows OSとしてはWindows Vistaが初めて正式にサポートした[1]。Intelチップを搭載した初期のMacintoshにもTPMチップを搭載したものがある[2]

この技術は、さらに発展を遂げている。チップセット等の連携を強化した技術として、Intel Trusted Execution Technology がある。また、仮想機械むけの命令仕様拡張も提案されている[3]

TPMの機能[編集]

TPMは以下の機能を提供する。

  • RSA
    • 演算
    • 鍵生成
    • 鍵格納
  • SHA-1ハッシュ
    • ハッシュ値計算
    • ハッシュ値保管
  • 乱数生成

また、TPM1.2から以下の機能が追加された。

  • カウンタ
    • 単純増加カウンタ
    • ティックカウンタ
  • オーナー権委任 (パスワードは公開しない)
  • 不揮発性ストレージ保存機能

TPMでできる事[編集]

上記の機能を用いて、TPMでは以下のことを実現できる。

  • プラットフォームの完全性を計測し、OSやアプリケーションの改竄を検知できる
  • 公開鍵証明書を用いた端末の個体識別、詐称困難な端末認証を実現する
  • データ(ストレージ)を暗号化し、不正に持ち出した情報は復号させない

TPM利用技術[編集]

マイクロソフトのドライブ暗号化技術。TPMを利用したハードディスクドライブの暗号化が可能。ただし、必ずしもTPMを用いなければならないわけではなく、USBメモリキーに鍵を格納する方法などもある
産業技術総合研究所からリリースされている、HTTPブートクノーピクスのTPM利用版。TPMのプラットフォーム検証技術を利用して、ブートシーケンスが改ざんされていないかを監視することが可能

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日経エレクトロニクス2007年10月8日号p101「初めてTPMに対応したWindows Vista」
  2. ^ アップル、「Intel Mac」にセキュリティチップ搭載(2005年8月5日)
  3. ^ vTPM: Virtualizing the Trusted Platform Module, 15th USENIX Security Symposium Abstract, Pp. 305–320 of the Proceedings

外部リンク[編集]