SyQuest

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SyQuest Technology, Inc. (SYQT, Inc.) は、米国にかつて存在したリムーバブルハードディスクの大手ベンダーである。

リムーバブルハードディスクとは、ハードディスクのディスク部をカートリッジに収め着脱可能としたリムーバブルストレージのひとつである。ハードディスク並みの速度と大容量が特徴で、かつて米国ではコンピュータ環境の入れ換えやバックアップ、大量のデータの受け渡し(特にファイルサイズが大きく、フロッピーディスクにデータの入りきらないマルチメディア用)などにつかわれ、普及していた。ただし、日本では同じ目的のリムーバブルストレージとして光磁気ディスク(MO)が普及していたため、あまり普及することはなかった。

SQ400ディスク(5.25インチディスク)

SyQuestは1983年に創設され(創始者 Syed Iftikar)、当初よりリムーバブルハードディスクを製造した。米国ではSyQuestというとリムーバブルハードディスクの別名のように使われていた。さまざまな製品を発売し市場の最前線を走りつづけていたが、1995年以降登場してくるSOHO市場(小さなオフィス/ホームオフィス)ターゲットに作られた新たな製品群(ZipSuperDisk等)が出てくると、次第にシェアを奪われるようになった。

当時、SyQuestの経営悪化については市場戦略を誤ったことが一因であるという解説がなされることが多かった。リムーバブルストレージには大きく分けて2つの市場があった。

  • SOHO市場--容量や性能はほどほどあれば十分、それよりも低価格であることが求められる。販売台数が多い。
  • ヘビーユース市場--価格は高くてもいいが、容量や性能のいい物が選ばれる。販売台数は少ない。

リムーバブルハードディスクはハードディスクと同じ構造であるためSOHO市場では上述のZIPやSuperDISKなどの競合製品にコストでかなわないことは明白で、どちらかというとヘビーユース向けに適した製品であったにもかかわらずSOHO市場向け製品に対する過大な需要予測・過剰投資を行ったことがSyQuestの経営悪化を招いたといわれていた。

一時は同じくフランスのリムーバブルハードディスクベンダーでSyQuest互換ディスクの発売もしていたNomai社との株式交換による合併計画があったが、SyQuestの業績悪化を理由に合意に至ることはなかった。

その後、業績悪化のためSyQuestは1998年11月2日に業務停止[1]1999年1月に自己破産した。 SyQuest資産は(知的財産権、在庫品、固定資産の全て。債権は含まれない)アイオメガに950万ドルで買収された[2]

倒産後もSyQuestのサイトではサポート、在庫品、再生品、各種ドライブメディアの販売が行われていたが、現在はアクセス不可になっている。

SyQuestの代表的な製品[編集]

1枚のプラッター

5.25インチディスク

  • SQ400 44MB
  • SQ800 88MB
  • SQ2000 200MB

3.5インチディスク

複数のプラッター

3.5インチディスク

  • SyJet 1.5GB
  • SparQ 1.0GB

発表済みであった製品

  • Quest 4.7GB

SQ327、EZ135、ezflyerのディスクは、Nomai社製540MBリムーバブルハードディスクも含めて、PDC (Power Disk Cartridge) という統一ディスク規格も策定されていた。

脚注[編集]

  1. ^ Syquest、業務停止。米破産法適用申請へ”. PC Watch (1998年11月5日). 2012年8月31日閲覧。
  2. ^ Iomega、SyQuestの買収で合意”. PC Watch (1999年1月14日). 2012年8月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]