EZ135

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EZ135ドライブ(上はディスク)
EZ135ディスク
左はFD、右がEZ135ディスク
米国EZ135ディスクドライブ外箱に印刷されていた文句。ZIPドライブをライバルとしていたことがよくわかる。下3行は・TWO TIMES FASTER ・35% MORE CAPACITY ・TWICE THE WARRANTYと記載してある

EZ135は、SyQuestの発売していたリムーバブルハードディスクである。正式にはEZ 135 Driveだが、SyQuestの旧来の製品がSQ327等のようにアルファベット2つ数字3つの5文字で呼ばれていたことが多かったため、それにあわせてEZ135とよんだり、ただ単にEZ Driveとよばれることが多かった。

SyQuest(SyQuest Technology, Inc )は、ハードディスクのディスク部をカートリッジに収め、ディスク部を着脱可能にしたリムーバブルハードディスクと呼ばれる製品の大手ベンダー。一般的なデータ保存方法がフロッピーしかなかった当時、メガバイト単位のデータが保存できる製品で、米国ではコンピュータ環境の入れ換えやバックアップ、大量のデータ(主にマルチメディア関係)の受け渡し用などとして広く普及していた。

EZ135は、同じくリムーバブルストレージメーカーでライバルのアイオメガZip 発表の際、その低価格、大容量から広く話題になったため、SyQuestがその対抗馬として発売したもの。同社のSQ327(3.5インチ、270MB)の、ディスク片面のみを利用することでコストダウンをはかり、Zip と同価格帯の製品とした。 当初はそこそこ普及したもの、Zip との販売競争に勝つことができず、後継機種として、EZ135ディスクと互換性のあるezflyer(230MB)が発売されることにより置き換わった。

同じくリムーバブルハードディスクベンダーで、SyQuest互換ディスクの発売もしていたNomai社(仏)と、PDC(Power Disk Cartridge)という統一ディスク規格も策定されていて、EZ135ディスクもその中に入っていたが、SyQuest自体の倒産のため、立ち消えになってしまった。

SyQuestは業績悪化のため、1998年11月2日に業務停止、1999年1月に自己破産した。 その後、アイオメガが 950万ドルで資産を部分的(知的財産権、在庫品、そして固定資産の全て)に買収。SyQuestのサイトでは通販でサポート、メディアの販売のみ行われている。(ただし、年々発売品は減少している)

仕様[編集]

容量:135MB

平均シークタイム:13.5ms

Burst Transfer Rate: 4MB/sec

バッファー・サイズ:64K

インターフェース[編集]

外付けドライブ

パラレルモデル

SCSIモデル

内蔵ドライブ

IDEモデル

SCSIモデル

セールスポイント[編集]

米国で発売された外箱には、対抗商品であるアイオメガのZIPドライブに対するセールスポイントが記載されていた。

・TWO TIMES FASTER (ZIPドライブより2倍早い)

・35% MORE CAPACITY (ZIPより35%容量が大きい)

・TWICE THE WARRANTY (2年間保障)

(さらに、カートリッジには5年の保障がついていた。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]