SINAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SINADSignal-to-noise and distortion ratioの略。 SINADは通信装置からの信号の質を示す指標であり、次式で定義されることが多い[1]


\mathrm{SINAD} = \frac{P_\mathrm{signal} + P_\mathrm{noise} + P_\mathrm{distortion}}{P_\mathrm{noise} + P_\mathrm{distortion}}

ここで、 P信号ノイズそして歪み成分の平均電力である。 SINADは一般的にdBで表され、受信感度英語版を定量的に表すためにRF受信機の感度英語版の指標として使われる。 この定義式に注意すると、SNRとは異なり、SINADの値は1未満になることはなく、dBで表した場合、常に正の値となることが分かる。

歪みを計算する場合、一般的に直流バイアス英語版成分を除外する[2]

広範囲の使用により、SINADはいくつかの異なる定義を持つようになった。 SINADは一般に次のように定義される:

  1. (a)全受信電力すなわち信号、対、(b)ノイズ歪みの和の電力の比。これは上記の方程式によってモデル化される[1]
  2. (a)変調前の音声信号すなわち変調されたRF搬送波上の電力、対、(b)残りの音声信号すなわち変調前の音声信号を除いた後のノイズ歪みの和の電力の比。この定義では、SINADは1未満となる場合がある。この定義はADCENOB英語版を計算するために使用される[3]

正確な定義であっても、SINADの値が小さくなると常にシステムの性能が低下することを意味する。 受信したRF信号が弱くなるにつれて、SINADの値は受信機・復調器および音声出力回路が生成したノイズ歪みによって次第に小さくなる。 狭帯域FM音声無線システムでは、慣例により、分かりやすい会話を圧倒しない最小のSINADレベルは12dBである[4]


関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


 この記事にはアメリカ合衆国政府の著作物であるアメリカ合衆国連邦政府一般調達局における"Federal Standard 1037C"本文を含む。 (MIL-STD-188内).