SCVNGR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SCVNGR
種類 私企業
本社所在地 ケンブリッジ (マサチューセッツ州)
業種 ソフトウェア開発
従業員数 60人
外部リンク www.scvngr.com
テンプレートを表示

SCVNGR携帯電話位置ゲープラットフォーム及び運営会社名である。 企業、教育機関、団体がWebからSCVNGR上で独自の課題ゲームを構築でき、ショートメッセージサービスにも対応している。[1][2] 場所に到着し課題を達成することにより、利用者はポイントとしてバッジ・無料の景品・割引権などを獲得できるほか、各自の状況をフェイスブックツイッターで公開できる。

2010年6月の時点で、1000の企業・教育機関、団体が利用した。[3] 2011年2月に利用者が100万人以上に達したと推測され、[4]同年3月に、地方の雇用や地元意識を高めるためのモバイル決済プラットフォームであるLevelUpを立ち上げた。

教育現場での利用例[編集]

主に大学構内や大学図書館内においてオープンキャンパスや新入生のための紹介用ツールとして利用されている。 従来の集団案内に比べ能動的に参加者が行動し、課題達成の過程にて参加者同士のアイスブレイクの場として役立つことから採用されることが多い。 ケンタッキー州のルイビル大学は公式サイトにてSCVNGRを用いた案内用動画を公開している。[5]

ボイシ州立大学オレゴン州立大学は図書館利用や蔵書検索などの紹介ゲームを提供している。 [6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009 Finalists: America's Best Young Entrepreneurs: SCVNGR - BusinessWeek”. Images.businessweek.com. 2010年12月28日閲覧。
  2. ^ Forbes.com Video Network | BreakOut!: Tech-Savvy Scavengers”. Video.forbes.com. 2010年12月28日閲覧。
  3. ^ Clients”. SCVNGR. 2010年12月28日閲覧。
  4. ^ Zaki Usman (2011年2月23日). “SCVNGR may have 1 Million users”. shoutEx.com. 2011年2月24日閲覧。
  5. ^ SCVNGR for Universities”. SCVNGR. 2012年1月9日閲覧。
  6. ^ Amy E. Vecchione and Margaret Mellinger (2011年2月). “Beyond Foursquare: Library Treks with SCVNGR”. HandHeld Librarian IV. 2012年1月9日閲覧。

外部リンク[編集]