SCダーマーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SCダーマーシュ
原語表記 باشگاه فوتبال داماش گیلان
愛称 ダーマーシュ・シャフル・バラン
創設 2008年10月11日
所属リーグ イラン・プロリーグ
ホームタウン ラシュト
ホームスタジアム シャヒード・Dr.アゾディー・スタジアム
収容人数 11,000
運営法人 Sadra Holding
代表者 イランの旗 アミール・アベディーニー
監督 イランの旗 アフシーン・ナーゼミー
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

SCダーマーシュ・ギーラーン (ラテン文字:Sports Club Damash Gilan、ペルシア語: باشگاه ورزشی داماش گیلان‎) は、イランギーラーン州ラシュトを本拠地とするサッカークラブである。現在はイラン・プロリーグに所属している[1]

ダーマーシュ・ギーラーンはバレーボールチームのダーマーシュ・ギーラーンVC英語版も保有している。

歴史[編集]

2008年10月、アミール・マンスール・アーリヤー率いるアーリヤー投資会社が経営危機に陥っていたペガーフ・ギーラーンFC英語版を買収し、ダーマーシュ・イーラーンFC英語版代表であったアミール・アベディーニーが彼らのクラブライセンスを引き継いだ。2008-09シーズン、クラブの成績が低調なものに終わると、ホセイン・アブディースタンコ・ポクレポヴィッチは解任されビージャン・ゾルファガールナサブが新監督に就任したが、成績低迷を救うことはできずクラブは2部のアーザーデガーン・リーグに降格した。降格に際してアフシーン・チャヴォシーモハンマドレザー・マフダヴィーアドリアーノ・アウヴェスなどクラブの核となる選手を引き抜かれた2009-10シーズン、アミール・アベディーニーは1部チームで解任されていたフィールーズ・キャリーミーを招聘し、彼の教え子の選手も同時に引きぬいた。2009-10シーズンは昇格プレーオフに進んだものの、プレーオフでサナト・ナフトFCに敗れ昇格することはできなかった。2010-2011シーズン、ダーマーシュは以前の主力選手だったアフシーン・チャヴォシーやモハンマドレザー・マフダヴィーと再契約を果たし、スロベニア人のマリジャン・プシュニクを監督に迎えてシーズンを戦ったが、出だしから低調な成績であったため4週で監督を解任、コーチを務めていたペガーフ・ギーラーンキャプテンのアフシーン・ナーゼミーを監督に昇格させた。ナーゼミーはクラブの成績を建てなおしたものの、クラブは再度メフディー・ディーンヴァルザーデへと監督を交代した。2011年4月22日、ダーマーシュはシーズン終了まで2節を残してイラン・プロリーグ昇格を決めた。

シーズン別の成績[編集]

シーズン ディヴィジョン 順位 ハズフィー・カップ
2008–09 IPL 17位 アーザーデガーン・リーグへ降格 3回戦敗退
2009–10 1部 2位 ベスト8
2010–11 1部 1位 イラン・プロリーグへ昇格 ベスト8
2011–12 IPL 7位 ベスト4
2012–13 IPL 11位 ベスト4

歴代監督[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gilan Damash Football Team SCダーマーシュ公式サイト

外部リンク[編集]