NetCDF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NetCDF(ネットワーク共通データ形式,英語:Network Common Data Form)は、配列指向のデータアクセスのためのインターフェースで、そのインターフェースの実装を与えるC・FORTRAN・C++・Perl用のソフトウェアライブラリを集めたものである。 NetCDFライブラリは科学的なデータを表現する為に機種独立なデータフォーマットを定義しており、今日ではインターフェース・ライブラリ・フォーマットが合わさって配列指向データの生成・アクセス・共有をサポートしている。 NetCDFソフトウェアはUnidata Program CenterのGlenn Davisらにより開発され、多数のNetCDFユーザにより増強されてきた。

概要[編集]

NetCDFインターフェースの目的は、配列指向型のデータを自己記述的でかつポータブルなフォーマットとして作成・アクセス・共有することにある。 「自己記述的」とはそのファイルが自身に含まれるデータに関する情報を内包しているという意味であり、「ポータブル」とはファイル内のデータが整数・文字・浮動小数点の格納方式が異なるコンピュータ間でやり取りできるということを意味する。 NetCDFインターフェースを使用して生成されたファイルはそのままNetCDFをサポートするコンピュータであればやり取りが可能となる。 NetCDFのソフトウェアはNetCDFデータアクセス用にC・FORTRAN・C++・Perlのインターフェースが搭載されている。 NetCDFユーザの助力によってその他のプラットフォームや他のプログラム言語用に移植されたソフトウェアもある。 配列指向型のデータやソフトウェアを共有し、より価値のあるファイルを作成することを目的に、NetCDF のソフトウェア・ライブラリのソースコードは無料で配布されている。

参考文献[編集]