NGC 1999

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NGC 1999
Ngc1999.jpg
星座 オリオン座
視等級 (V) B等級9.5 [1]
分類 反射星雲 [2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 05h 36m 27s[1]
赤緯 (Dec, δ) -06° 43.3′[1]
距離 460パーセク [2]
約1500光年 [2]
物理的性質
直径 0.9光年 [2]
■Project ■Template

NGC 1999とは、オリオン座に存在する反射星雲である。オリオン座V380と呼ばれる誕生間もない大質量星の光で輝いており、太陽系からの距離は1500光年、星雲の大きさは0.9光年ほどである[2]

特徴[編集]

星雲は1999年にハッブル宇宙望遠鏡によって観測され、直径0.2光年の暗い領域が発見された。これは濃い塵が背後の光を遮っている一般的な暗黒星雲の姿と考えられていた[2]

2010年、ハーシェル宇宙望遠鏡が星雲に向けられ、塵に遮られにくい赤外線で星雲の奥を観測した。しかし、予想に反して暗黒の領域に天体は発見されなかった。ハーシェルの結果を受けて地上観測が行われ、塵の塊と思われていた黒い影は、実際は塵がほとんど存在しない空洞であることが確認された。この構造は、形成途上のオリオン座V380から噴出するジェットが、周辺の物質を押しのけて発達したものと考えられている[3][4]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c SIMBAD query result”. SIMBAD, CDS. 2010年5月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Hubble Takes a Close-up View of a Reflection Nebula in Orion”. HubbleSite. 2010年5月14日閲覧。
  3. ^ Andrew Fazekas (2010年5月13日). “ハーシェル望遠鏡が発見した宇宙の穴”. ナショナルジオグラフィック ニュース. http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100513004&expand 2010年5月14日閲覧。 
  4. ^ “星雲に開いた巨大な穴”. アストロアーツ. (2010年5月17日). http://www.astroarts.co.jp/news/2010/05/17ngc1999/index-j.shtml?ref=rss 2010年5月24日閲覧。