NGC 1232

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NGC 1232
NGC1232B.jpg
ラ・シヤ天文台の1.5 m望遠鏡による画像
星座 エリダヌス座
視等級 (V) 10.9[1]
視直径 7′.4 × 6′.5[1]
分類 SAB(rs)c[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 03h 09m 45.5s[1]
赤緯 (Dec, δ) -20° 34′ 46″[1]
赤方偏移 0.005347[1]
視線速度 (Rv) 1603 ± 1 km/s[1]
距離 61 ± 8.5 Mly
(18.7 ± 2.6 Mpc)[2]
別名称
別名称
PGC 11819,[1] Arp 41[1]
■Project ■Template

NGC 1232は、エリダヌス座の方角に約6000万光年離れた位置にある中間渦巻銀河である[2]

数百万個の明るい恒星と暗い塵で閉められ、渦状腕が銀河の中心を回っている。明るい青色星を含む散開星団が渦状腕に沿って散在し、その間には濃い恒星間塵の暗い帯がある。暗い通常の恒星や星間ガスはあまり見えないが、その重力で銀河内部の運動を支配している。銀河外部の運動を説明するためには、ダークマターと呼ばれる未知の物質の存在が必要である。

NGC 1232とその伴銀河は、NGC 1300とともにエリダヌス座銀河団の一部を構成している。

ESO 547-16[編集]

ESO 547-16は、NGC 1232の伴銀河であり[3]、渦状腕が不自然に曲がっている原因になっていると考えられている。1988年、NGC 1232が6500万光年離れている[2]のに対し、NGC 1232Aは6800万光年離れていることが推定された[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 1232. 2006年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c Distance Results for NGC 1232”. NASA/IPAC Extragalactic Database. 2010年6月22日閲覧。
  3. ^ NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 1232A. 2010年6月22日閲覧。
  4. ^ Distance Results for NGC 1232A”. NASA/IPAC Extragalactic Database. 2010年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 星図 03h 09m 45.5s, -20º 34' 46''