Memtest86

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Memtest86
Memtest86+
Memtest86+のスクリーンショット
Memtest86+のスクリーンショット
作者 Memtest86: Chris Brady
Memtest86+: Samuel Demeulemeester
対応OS OSを利用せず独立して起動可能
種別 ユーティリティ
ライセンス GPL v2.0
公式サイト Memtest86: www.memtest86.com
Memtest86+: www.memtest.org
テンプレートを表示

Memtest86 または Memtest86+ とは、PC/AT互換機向けの、主記憶装置ランダムアクセスメモリ(RAM))のテストツールである。オープンソース方式で開発が進められている。

概要[編集]

Memtest86およびMemtest86+はいずれも、フロッピーディスクCD-ROMUSBメモリのいずれかを使用してブートローダからオペレーティングシステム(OS)を使わずに起動する。実行に際して搭載オペレーティングシステムの影響を受けず、また、影響を及ぼさない。搭載ハードディスクドライブへのアクセスもない。

起動するとすぐにテストが始まる。この際、ユーザは特段の操作の必要もなく、テストは自動で進行する。

テストがすべて完了する時間は、(数分で終わる場合や1時間以上掛る場合など)メモリの搭載量と速度によって異なる。ユーザーがリブート(再起動)を行うなどのプログラムが停止されない限り、テストは継続して何度も行われる。

これらのプログラムは、古いシステムである8038680486から最新のCore i7まで、チップセットに関わらず動作する。現在でも新しいチップに対応するためにバージョンアップされている。

最初、元となるMemtest86がChris Bradyによって開発されたがバージョン3.0で2年間開発が停止された。そのため新しいCPUとチップセットに対応するためSamuel Demeulemeesterが派生品としてMemtest86+を開発した。その後Memtest86側のChris Bradyも開発を再開し、2010年現在どちらも開発・プロジェクトが進んでいる。

仕組み[編集]

全てのメモリアドレスにテストパターンを一度書き込んだ後それを再度読み出し、テストパターンと読み出し結果を比較する事でメモリエラーが存在するか調べている。

既知の問題[編集]

Memtest86には2種類あり、元になっているMemtest86と派生品であるMemtest86+が存在するが、どちらも実行時の画面構成・表示が非常に似ており誤解しやすい。

バージョン3.5以前では4GB以上のメモリを搭載したコンピュータで実行に失敗することが報告されていたが、バージョン4.0で改善された。

メモリ自体は故障していなくても、メモリに接続し制御を行っているマザーボード側に問題があった場合、メモリエラーと判断される場合がある。メモリに不具合があるという結果が出た場合でも、(実際にメモリが壊れている可能性も含め)チップセットの故障やBIOSの不具合など、状況に応じた原因究明を行う必要がある。

外部リンク[編集]

(下記の違いは本文参照)