MHL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HDMI > MHL

MHL(モバイル・ハイデフニション・リンク、Mobile High-definition Link)は、米Silicon Image社が開発した携帯機器向けの高速映像伝送用のインターフェース規格である。

概要[編集]

MHL 1.0は、非圧縮なまま 1080p/30fps の動画データを3端子で伝送でき、実際には5ピンタイプは5端子を持つマイクロUSBコネクタを流用する。HDMI 同様、遷移時間最短差動信号伝送方式(TMDS)を使用して1対の信号線により動画映像情報と音声情報を最大2.25Gbit/secで伝送する。また、差動対の片側1本により制御信号を送る。MHL 2.0 は 1080p/60fps の画像転送(HDMI 1.0の帯域)が出来る。MHL 3.0 は 2160p/30fps の転送(HDMI 1.3の帯域)が出来る。HDMI 2.0 は 2160p/60fps に対応しているが、それに対応する MHL は、まだ未発表。

マイクロUSBコネクタを使う事で、携帯機器側にMHL専用のレセプタクルを設けずにUSB/MHLの併用とするため小型化を阻害せずに済み、同時にMHL親機からUSB本来の電源端子へ電源を供給する事が出来る。制御信号によりHDMIのCEC機能[1]のような制御の実現が可能になる。

2012年現在は主にスマートフォンで採用されている。MHLに対応するディスプレイや液晶ハイビジョンテレビは2012年7月現在ではまだ少なく、使用するにはHDMIに変換するアダプターを使用する必要があり、また変換アダプターに電源を接続する必要もある。HDMIに加えMHLにも対応しているディスプレイや液晶ハイビジョンテレビでは、接続にもよるが接続中にそのまま携帯電話を充電する事も出来る。

技術比較[編集]

Micro USBとMHL(5ピン)の端子機能の比較
信号端子 端子の機能
Micro USB MHL
No.1 電源(VBUS) 電源(USBのVBUS)
No.2 差動対(D-) 差動対(-)
No.3 差動対(D+) 差動対(+)とクロック信号
No.4 "USB OTG"のID識別 制御信号(CBUS)
No.5 接地 接地

[出典 1]

MHL 1.0 はテレビ側から 5V/0.5A、MHL 2.0 は 5V/0.9A、MHL 3.0 は 5V/2A 供給できる。

採用されている機器[編集]

括弧のないものはスマートフォン。

MHL 1.0 (5ピン)[編集]

MHL 1.0 (11ピン)[編集]

NTTドコモが販売する「HDMI変換ケーブル SC03 (ASC59194)」、もしくは、5ピン・11ピン変換アダプタ「Samsung HDTV Adapter TIP (5 to 11 Pin Converter)」[2] などが必要。

MHL 2.0 (11ピン)[編集]

MHL 3.0[編集]

注記[編集]

  1. ^ Consumer Electronics Controlの略。HDMIで接続された機器間で連携動作を可能にしている。
  2. ^ HDTV Adapter TIP (5 to 11 Pin Converter)

出典[編集]

  1. ^ 根津禎著 『モバイルを目指す 次世代インターフェース 第2部』 日経エレクトロニクス2009年2月23日号 49頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]