LCVP (アメリカ合衆国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LCVPの図面

Landing Craft, Vehicle, Personnel、通称LCVP、あるいはヒギンズ・ボート(Higgins Boat)とは、アメリカ合衆国海軍上陸用舟艇の一種である。 単にLCVPとしたときにこの艇を指すことも多い。

アンドリュー・ヒギンズ英語版設計による第二次世界大戦で用いられた揚陸艇であり、ヒギンズ・インダストリー英語版及びライセンスされた各社合計で20,000隻が建造された。

合板製の船体は、吃水の浅い艀状であり1個小隊相当の36人を9ノットの速度で海岸へ揚陸可能とした。乗り込んだ兵員は前方のバウランプから突撃することが可能であった。

要目[編集]

  • 軽貨排水量:18,000ポンド(8.2t)
  • 全長:36フィート3インチ(11m)
  • 全幅:10フィート10インチ(3.3m)
  • 吃水
    • 前方:2フィート2インチ(0.66m)
    • 後方:3フィート(0.91m)
  • 機関:225馬力(168Kw)ディーゼルエンジンまたは250馬力(186Kw)ガソリンエンジン1基
  • 速力:9ノット
  • 乗員:3人
  • 搭載能力:車両6,000 ポンド (2,700 kg)、もしくは物資8,100ポンド (3,700 kg)
  • 兵員:36人
  • 武装:7.62mm機銃2挺

現存する艇[編集]

D-Day博物館に展示中のLCVP

数隻のオリジナルとレプリカが21世紀に入っても存在している。

アメリカ合衆国に3隻(ホイートン英語版、修復中、ポートセントルーシー)、イギリスに1隻(D-Day博物館)、フランスに1隻のオリジナルが確認されている[1]ほか、ニューオリンズ国立第二次世界大戦博物館英語版にレプリカが存在している。

出典[編集]

関連項目[編集]