K空間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

核磁気共鳴画像法 (MRI) において、k空間(kくうかん、k-space)は実空間の画像データのフーリエ変換である空間をさす。すなわちk空間と実空間は互いにフーリエ変換の関係にある。実空間の座標軸は位置座標 (x , y ) であり、k空間 (kx , ky ) での軸は空間周波数である。

MRIでは、信号読みとりの間に傾斜磁場を印加し位置のエンコードを行い、時間軸をk軸に対応させており、ローデータ(raw data, 画像生データ)の集合がk空間を構成する。

k空間の低周波部分(中央部)は信号強度あるいは画像コントラストを決定し、外側の高周波成分は画像の分解能を決めている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]