HEPES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

HEPES
HEPES.svg
IUPAC名 4-(2-hydroxyethyl)-1-piperazineethanesulfonic acid
別名 HEPES
分子式 C8H18N2O4S
分子量 238.30
CAS登録番号 [7365-45-9]
形状 白色結晶性粉末
融点 234-238 °C

HEPES(へぺす、 4-(2-hydroxyethyl)-1-piperazineethanesulfonic acid)は緩衝液に用いられる有機化合物の一つ。

生化学分野で広く用いられるグッドバッファーの一種である。pKaが 7.55 (20℃)であり、およそ pH 6.8-8.2 の範囲で緩衝作用を持つ。組織培養で広く用いられるほか、凍結に伴う pH 変化を低減する目的で酵素の冷凍保存にも利用される。HEPES は熱に弱い性質があるため、オートクレーブ処理などで分解することがある。

Zigler et al.(1985)や Lepe-Zuniga et al.(1987)によれば、長時間光に暴露した HEPES は過酸化水素に由来する毒性を持つという。過酸化水素の発生を避け、実験の再現性を確保するためには、HEPES を含む液体はできる限り暗所に保存することが望ましい。

参考文献[編集]

  • Lepe-Zuniga JL, Zigler JS Jr, Gery I (1987). “Toxicity of light-exposed Hepes media”. Journal of Immunological Methods 103 (1): 145. 
  • Zigler JS Jr, Lepe-Zuniga JL, Vistica B, Gery I (1985). “Analysis of the cytotoxic effects of light-exposed HEPES-containing culture medium”. In Vitro Cell Dev Biol. 21 (5): 282-7. 
  • Good NE et al. (1966): "Hydrogen ion buffers for biological research." In: Biochemistry. Bd. 5, S. 467-77. PMID 5942950