GEMINI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GEMINI
Alice Nineスタジオ・アルバム
リリース 2011年2月9日
録音 2010年 - 2011年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間 52分26秒 (初回限定盤A)
55分07秒 (通常盤)
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ
プロデュース 岡野ハジメ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間3位 オリコン
  • デイリー1位 (オリコン)
  • 2011年2月度月間39位 (オリコン)
Alice Nine 年表
VANDALIZE
(2009年)
GEMINI
(2011年)
“9”
(2012年)
GEMINI 収録の シングル
  1. 閃光
    リリース:2010年8月25日
  2. Stargazer: (c/w 蜃気楼)」
    リリース:2010年11月10日
テンプレートを表示

GEMINI』(ジェミニ)は、Alice Nineの4枚目のオリジナル・アルバム2011年2月9日徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。

解説[編集]

前作よりおよそ2年ぶりのオリジナル・アルバム・リリース。初回限定盤はCDと表題曲「GEMINI-0-eternal」のMUSIC CLIPとそのMAKING映像を収録した2枚組のDVDが同梱されており、スペシャル仕様としてCD盤面が各メンバーレーベルになっている。通常盤はCDのみだが、初回限定盤にはないSEを収録している。今作のリリース日は、前年1月22日にオンエアされたニコニコ動画のレギュラー番組「Alice9ちゃんねる」にて沙我によりスタッフとの打ち合わせもなしにアルバムのタイトルと発売日をフライング発表された。さらに今作の表題曲は13分にも及ぶ壮大な楽曲とも発表された。発売日の3日前には沙我のオフィシャルブログAlice Nine 沙我の真昼のJELLY FISHにて収録曲の解説がなされた。作曲者の欄にメンバーの名前が記載されるのは本作が初めて。なおオリコンデイリーチャート2月8日、2月9日付では2日連続で1位を獲得している。

批評[編集]

CDジャーナルは「圧倒的なメロディ・センスを武器に、パワーと優雅さの両方を併せ持ったスケールの大きな楽曲は抜群の存在感を発揮。ロック・オペラ的なアプローチを盛り込んだ楽曲もじつに壮大だ。」と批評した。[1]

収録曲[編集]

CD[編集]

全曲作詞:将

  1. I. [4:20]
    作曲:沙我
  2. RUMWOLF [2:59]
    作曲:沙我・ヒロト
  3. Stargazer: [4:12]
    作曲:Alice Nine
    16thシングル。
  4. 4U [5:47]
    作曲:沙我
  5. 蜃気楼 [3:41]
    作曲:Alice Nine 原曲:虎
    16thシングルカップリング曲。
  6. KING&QUEEN [3:08]
    作曲:虎
  7. Entr'acte [1:32]
    作曲:沙我
    SE
  8. 閃光 [4:15]
    作曲:Alice Nine
    15thシングル。
  9. 風凛 [4:13]
    作曲:沙我
  10. GEMINI-0-eternal [4:21]
    作曲:沙我
    アルバム表題曲。この曲と-I-the void、-II-the luvはもとは1曲だがトラックを3つに分けて収録。
  11. GEMINI-I-the void [4:11]
    作曲:沙我
  12. GEMINI-II-the luv [3:41]
    作曲:沙我
  13. birth in the death [5:42]
    作曲:沙我
  14. Overture -Bonus Track- [2:28] (通常盤のみ)
    作曲:ヒロト

DVD[編集]

  1. GEMINI-0-eternal MUSIC CLIP
  2. MUSIC CLIP MAKING

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CDジャーナル”. 2012年2月4日閲覧。


外部リンク[編集]