D-リンゴ酸デヒドロゲナーゼ (脱炭酸)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
D-リンゴ酸デヒドロゲナーゼ (脱炭酸)
識別子
EC番号 1.1.1.83
CAS登録番号 37250-20-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

D-リンゴ酸デヒドロゲナーゼ (脱炭酸)(D-malate dehydrogenase (decarboxylating))は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

(R)-リンゴ酸 + NAD+ \rightleftharpoons ピルビン酸 + CO2 + NADH

反応式の通り、この酵素の基質は(R)-リンゴ酸NAD+、生成物はピルビン酸二酸化炭素NADHである。

組織名は(R)-malate:NAD+ oxidoreductase (decarboxylating)で、別名にD-malate dehydrogenase, D-malic enzyme, bifunctional L(+)-tartrate dehydrogenase-D(+)-malate (decarboxylating)がある。

酪酸代謝酵素の一つである。

参考文献[編集]

  • Stern JR, O'Brien RW (1969). “Oxidation D-malic and beta-alkylmalic acids wild-type and mutant strains of Salmonella typhimurium and by Aerobacter aerogenes”. J. Bacteriol. 98: 147–51. PMID 4889267.