All rights reversed

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コピーレフトマーク。著作権マークと異なり法的な意味は持たない。

All rights reversedとは著作権もしくはコピーレフト公開時に使われる言葉であり、1910年ブエノスアイレス条約英語版で制定された本来必要である一般的な著作権の注意書きであるAll rights reservedをもじったものである[1]。「All Rights Reversed」(時折「rites」と書かれることもある)は作家のグレゴリー・ヒル英語版が1960年代後半に自著であるプリンキピア・ディスコルディア英語版の自由な転載を許可するときに使用した。ヒルの免責事項ではコピーライトマーク英語版を表す©の代わりにカーシェル」(カリスティ英語版)を伴っている[2]

1984、5年にプログラマーのドン・ホプキンス英語版リチャード・ストールマンに「Copyleft — all rights reversed」(コピーレフト―全ての権利は逆さにされている)というフレーズが書かれた手紙を送った。ストールマンは自身のフリーソフトウェア配布方法を識別するためにこのフレーズを選んだ[3]。このフレーズはしばしばコピーライトマークの反転させたバージョンを伴っている(画像参照)[4]

「All Rights Reversed」のホモニムである「All」「Rites」「Reversed」とコピーレフトマークは時折製作者が著作物(もしくは通常著作権で保護されるような素材)をリリースするときに「これは著作権保護されていないためどのようにでも使ってください」という意思を示す時やコピーを奨励する時、そこからコピーレフトされた素材を使用する時に使われることがある。

オープンソースキャラクターのジェニー・エブリーホェア英語版は「All rights reversed」ライセンスで公開されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Engelfriet, Arnoud (2006年). “The phrase "All rights reserved"”. Ius mentis. 2008年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月27日閲覧。
  2. ^ Hill, Gregory (1965). Principia Discordia. "Ⓚ All Rites Reversed - reprint what you like" 
  3. ^ Stallman, Richard (1999). Open Sources: Voices from the Open Source Revolution. O'Reilly Media. pp. 59. ISBN 1-56592-582-3. 
  4. ^ Muffatto, Moreno (2006). Open Source: A Multidisciplinary Approach. Imperial College Press. pp. 40. ISBN 1-86094-665-8. 

関連項目[編集]