4-メトキシ安息香酸モノオキシゲナーゼ (O-脱メチル化)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
4-メトキシ安息香酸モノオキシゲナーゼ (O-脱メチル化)
識別子
EC番号 1.14.99.15
CAS登録番号 37256-78-3
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

4-メトキシ安息香酸モノオキシゲナーゼ (O-脱メチル化)(4-methoxybenzoate monooxygenase (O-demethylating))は、安息香酸分解酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

4-メトキシ安息香酸 + 還元型受容体 + O2 \rightleftharpoons 4-ヒドロキシ安息香酸 + ホルムアルデヒド + 受容体 + H2O

この酵素の基質4-メトキシ安息香酸、還元型受容体とO2で、生成物は4-ヒドロキシ安息香酸ホルムアルデヒド、受容体とH2Oである。

この酵素は酸化還元酵素に属し、基質に特異的に作用する。酸素は酸化剤として還元されると同時に基質に取り込まれる。組織名は4-methoxybenzoate,hydrogen-donor:oxygen oxidoreductase (O-demethylating)で、別名に4-methoxybenzoate 4-monooxygenase (O-demethylating)、4-methoxybenzoate O-demethylase、p-anisic O-demethylase、piperonylate-4-O-demethylaseがある。

参考文献[編集]

  • Bernhardt FH, Nastainczyk W, Seydewitz V (1977). “Kinetic studies on a 4-methoxybenzoate O-demethylase from Pseudomonas putida”. Eur. J. Biochem. 72 (1): 107–15. doi:10.1111/j.1432-1033.1977.tb11230.x. PMID 188654. 
  • Paszczynski A, Trojanowski J (1977). “An affinity-column procedure for the purification of veratrate O-demethylase from fungi”. Microbios. 18 (72): 111–21. PMID 25369. 
  • Twilfer H, Bernhardt FH, Gersonde K (1981). “An electron-spin-resonance study on the redox-active centers of the 4-methoxybenzoate monooxygenase from Pseudomonas putida”. Eur. J. Biochem. 119 (3): 595–602. doi:10.1111/j.1432-1033.1981.tb05649.x. PMID 6273164.