3C 279

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
3C 279
Gamma-Ray Quasar 3C 279.jpg
ガンマ線で撮影された3C 279。
右上に見えるのは3C 273
星座 おとめ座
視等級 (V) 17.75
分類 クエーサー
天文学上の意義
意義 1.初発見の見かけ上の
0超光速運動。
2.ジェットの向きが
0変わる現象の観測。
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 12h 56m 11.16657s
赤緯 (Dec, δ) -05° 47′ 21.5247″
赤方偏移 0.53620
見かけの後退速度 12万1340 km/s
実際の後退速度 14万1932 km/s
見かけの距離 53億0600万 光年
実際の距離 65億6400万 光年
絶対等級 (MV) -23
物理的性質
色指数 (B-R) 2.14
色指数 (B-V) 0.26
色指数 (V-R) 1.88
色指数 (V-J) 5.165 ± 0.027
色指数 (V-H) 6.010 ± 0.026
色指数 (R-J) 3.285 ± 0.027
色指数 (J-H) 0.845 ± 0.053
色指数 (H-K) 0.799 ± 0.052
別名称
別名称
QSO B1253-055,
4C -05.55,
HE 1253-0531,
IRAS F12535-0530.
■Project ■Template

3C 279とは、おとめ座にあるクエーサーである。地球から見かけの距離は53億光年、実際には65億光年離れており、クエーサーとしては比較的近い距離にある。

3C 279のジェットは、ジェットそのものの運動速度と、3C 279の後退速度の組み合わせで、光速の4倍の速度で運動して見える。1973年に見つかったこの現象は、初めて発見された見かけ上の超光速運動である。このようなクエーサーは超光速クエーサーと呼ばれている。

1991年、突然3C 279がガンマ線領域で明るくなった。一時それはガンマ線において全天で最も明るい天体となった。これは、3C 279の中心にあるブラックホールが物質を通常より多く吸い込んだことによって発生したバーストであると考えられている。このとき撮影された画像では、見かけの上ではすぐ近くにある、実際には3C 279の半分以下の距離であるクエーサーの3C 273より明るく見えた。

2012年超長基線電波干渉法によって、1.3mmのミリ波で撮影された3C 279のジェットに、今まで知られていた南西方向のほかに、3C 279のブラックホールの根元に近い位置に、これまで知られていない北北西方向への流れが観測された。これは、ジェットの噴出する方向が、過去のある時点と現在で大きく変わっていることを示している。ジェットの方向が大きく変わる現象の観測例は少なく、珍しい例となっている。この観測によって、今まで見てきたジェットは、方向が変わる前の古い時代のジェットであることもわかった。

関連項目[編集]

出典[編集]

座標: 星図 12h 56m 11.16657s, -05º 47' 21.5247''