21番染色体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

21番染色体(にじゅういちばんせんしょくたい)は、常染色体の1つ。

ヒトの21番染色体[編集]

ここではヒトのそれについて説明する。ヒト21番染色体は22種類ある常染色体のうち最も小さく、270の遺伝子が含まれる。含まれる遺伝子が少ないため、他の染色体にくらべ染色体異常の影響が小さく、染色体数に異常が生じた場合でも生存が可能であり、その症状はダウン症として現れる。

染色体は大きい順から順番をつけるのが慣わしであったのだが22番染色体より前にこちらが発見されたため、21番染色体と22番染色体は大きさと番号が逆転してしまっている。

21番染色体に関連する疾患[編集]

ダウン症候群 通常では21番染色体を2本もっているところを、ダウン症の人は3本持っている(このことを、三倍体を形成している、という)。右下に見えるXとYは性染色体。
  • ダウン症候群:通常では21番染色体は2本をもっているところを、3本持っている先天異常(21 トリソミー trisomy)。
  • 自己免疫疾患:原因遺伝子AIREが21番染色体上にある。この遺伝子が変異を起こすと発症する。
  • 難聴:遺伝性難聴DFNB1の原因遺伝子TMPRSS3が21番染色体上に乗っている。11番目のエクソンに挿入変異がおこることで発症する。