1990年ポーランド大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1990年ポーランド大統領選挙(-ねん ぽーらんど だいとうりょうせんきょ)は、ポーランド共和国元首であるポーランド共和国大統領を選出するため1990年11月25日12月9日に投票が行われたポーランドの選挙である。

概要[編集]

1990年9月に改正されたポーランド共和国憲法に基づいて行われた選挙である。初の直接自由選挙による大統領選挙で6名の候補者が立候補した。当初、ポーランド民主化運動を推進した独立自主管理労働組合「連帯」(以下「連帯」)の委員長であるレフ・ヴァウェンサと、1989年6月に首相に就任したタデウシュ・マゾヴィエツキによる争いが予想されたが、選挙直前に立候補したカナダ在住の実業家であるスタニスワフ・ティミンスキがマゾヴィエツキを抑えて二位になる予想外の結果となった。そのため、ヴァウェンサとティミンスキによる決選投票が行われ、ヴァウェンサ候補がティミンスキを大差で抑えて当選を果たした。

選挙日程及び制度など[編集]

大統領の選出方法については1990年に発行されたポーランド共和国大統領選挙法(Dziennik Ustaw z.1990r, Nr. 67, poz.398)に基づいたものである。

選挙日程[編集]

  • 10月25日:立候補者登録締切
  • 11月23日:選挙運動期間終了
  • 11月25日:第1回投票
  • 12月9日:第2回投票
  • 12月22日:大統領宣誓式

選挙制度など[編集]

  • 有権者 
選挙権:18歳以上のポーランド市民
被選挙権:35歳以上のポーランド市民。なお立候補に際しては有権者10万人以上の推薦署名を集める必要あり。
  • 選挙方式2回投票制。第1回投票において過半数の得票を得た候補がいない場合、上位2名による決選投票を実施し最多得票を得た候補が当選する。
中東欧・旧ソ連諸国の選挙データ (ポーランド)大統領選挙-2011年1月18日閲覧

候補者[編集]

立候補にするために必要な有権者10万人以上の推薦署名を集めて正式に候補者登録されたのは以下の6名である。

候補者名 所属 備考
ポーランド語 読み
Tadeusz Mazowiecki   タデウシュ・マゾヴィエツキ   無所属 ポーランド共和国首相
Lech Wałęsa   レフ・ヴァウェンサ   NSZZ"Solidarność" 独立自主管理労働組合「連帯」 「連帯」委員長 
Roman Bartoszcze  ロマン・バルトシチェ PSL ポーランド農民党 
Włodzimiesz Cimoszewicz  ヴウォジミエシュ・チモシェヴィチ  SdRP ポーランド共和国社会民主党 
Leszek Robert Moczulski  レシェク・モチュルスキ  KPN 独立ポーランド同盟 
Stanisław Tymiński スタニスワフ・ティミンスキ   無所属  カナダ在住実業家
出典:『ポスト社会主義国 選挙・政党ハンドブックⅠ』24頁、ポーランド研究センター編『ポーランド月報』1991年1/2月号2~3頁。

選挙結果[編集]

有権者数と投票率
第1回投票
(11月25日)
第2回投票
(12月9日)
登録有権者数 27,545,625  27,436,078 
投票者数 16,702,000 14,650,037
投票率 60.63% 53.40%
有効投票数 16,442,474 14,305,794
第1回投票と第2回投票の候補者別得票
候補者名 第1回投票 第2回投票 当落
得票数 得票数
レフ・ヴァウェンサ 6,569,889 39.96 10,622,696 74.25 当選 
スタニスワフ・ティミンスキ 3,797,605 23.10 3,683,098 25.75
タデウシュ・マゾヴィエツキ 2,973,264 18.08
ヴオジミエシュ・チモシェヴィチ 1,514,025 9.21
ロマン・バルトシチェ 1,176,175 7.15
レシェク・モチュルスキ 411,516 2.50
16,442,474 14,305,794
出典:『ポスト社会主義国 選挙・政党ハンドブックⅠ』24頁

出典[編集]

参考文献[編集]

サイト[編集]