1,3-プロパンジオールデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1,3-プロパンジオールデヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.202
CAS登録番号 81611-70-3
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

1,3-プロパンジオールデヒドロゲナーゼ(1,3-propanediol dehydrogenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

プロパン-1,3-ジオール + NAD+ \rightleftharpoons 3-ヒドロキシプロパナール + NADH + H+

反応式の通り、この酵素の基質プロパン-1,3-ジオールNAD+、生成物は3-ヒドロキシプロパナールNADHとH+である。

組織名はpropane-1,3-diol:NAD+ 1-oxidoreductaseで、別名に3-hydroxypropionaldehyde reductase, 1,3-PD:NAD+ oxidoreductase, 1,3-propanediol:NAD+ oxidoreductase, 1,3-propanediol dehydrogenaseがある。

参考文献[編集]

  • ABELES RH, BROWNSTEIN AM, RANDLES CH (1960). “beta-Hydroxypropionaldehyde, an intermediate in the formation of 1,3-propanediol by Aerobacter aerogenes”. Biochim. Biophys. Acta. 41: 530–1. doi:10.1016/0006-3002(60)90054-8. PMID 13791444. 
  • Forage RG, Foster MA (1982). “Glycerol fermentation in Klebsiella pneumoniae: functions of the coenzyme B12-dependent glycerol and diol dehydratases”. J. Bacteriol. 149: 413–9. PMID 7035429.