(31669) 1999 JT6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「(31669) 1999 JT6」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
(31669) 1999 JT6
分類 小惑星
軌道の種類 アポロ群
地球近傍小惑星 (PHA)
地球横断小惑星
火星横断小惑星
軌道要素と性質
元期:TDB 2456200.5 (2012年9月30.0日)
軌道長半径 (a) 2.13731823(3) AU
近日点距離 (q) 0.90355055(10) AU
遠日点距離 (Q) 3.37108591(5) AU
離心率 (e) 0.57725034(4)
公転周期 (P) 1141.306296(3) 日
(3.12 年)
平均軌道速度 0.315428033(7) 度/日
軌道傾斜角 (i) 009.544563(6) 度
近日点引数 (ω) 039.04921(6) 度
昇交点黄経 (Ω) 078.85806(6) 度
平均近点角 (M) 148.79858(3) 度
EMoid 5000 km
前回近日点通過 JED 2455728.764558(7)
(2012年6月16日)
次回近日点通過 JED 2456869.071854(10)
(2014年7月30日)
物理的性質
直径 2.3 km ?
2 - 4 km
自転周期 5.807 時間
絶対等級 (H) 16.0
アルベド(反射能) 0.13(仮定)
発見
発見日 1999年5月12日
発見者 LINEAR
発見方法 自動検出
別名称
別名称
31669
1999 JT6
■Project ■Template

(31699) 1999 JT6とは、アポロ群に属する地球近傍小惑星の1つである。

1999 JT6は、軌道傾斜角が9.5度の地球横断小惑星かつ火星横断小惑星である。このため、地球火星、及び小惑星帯小惑星に対して衝突の可能性がある。特に地球とは、地球軌道との最小交差距離 (EMoid) は約5000kmしかない。これは地球半径を下回る値である。したがって、地球近傍小惑星の中でも、潜在的に危険な小惑星(PHA)に分類されている。

地球に最近で最も接近したのは、1973年12月14日の506万km (0.03385AU) である。次回は2076年12月14日の404万km (0.02698AU) である。また、小惑星帯にある準惑星ケレスにも時々接近する。最後に接近したのは1960年8月13日の576万km (0.0384AU) である。次回は2084年2月16日に256万km (0.01709AU) まで接近する。

1999 JT6絶対等級は16.0であり、直径は2kmから4km、アルベドを0.13と仮定すると2.3kmの小惑星である。これはEMoidの値が地球半径を下回る小惑星としては、唯一の1km以上の天体である。また、自転周期は5時間48分である。

関連項目[編集]

出典[編集]


前の小惑星:
(31668) 1999 JX3
小惑星
(31669) 1999 JT6
次の小惑星:
(31670) 1999 JL7