黄玉郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黄玉郎
Wong Yuk Long 201007.JPG
本名 黄振隆
生誕 1950年
中国広東省潮州
国籍 香港
活動期間 1963年 -
ジャンル 伝奇武俠、SFアクション
テンプレートを表示

黄玉郎(ファン・イーラン、本名:黄振隆、1950年 - )は香港漫画家。「香港漫画王」「香港漫画の父」と呼ばれる。伝奇もの・武俠ものからSFアクションまで作品は多種多様。中華漫画スタンダードの体現者。絵柄は昔ながらの熱血劇画調。

プロフィール[編集]

  • 潮州生まれ。7歳のときに香港に移住。13歳で学校を中退し漫画のアシスタントとなる。黄玉郎のペンネームで『超人之子(ウルトラマンの息子)』という作品を初めて出版する。
  • 15歳のとき、共同で漫画の日刊新聞と出版社を創設するも、いずれも失敗に終わる。
  • それでも努力を続け、1969年18歳のときに『小流氓』(『龍虎門』)を初版7000部で出版し、一躍有名人になる。
  • 1979年、玉郎国際集団有限公司(現・文化伝信集団有限公司)を設立。
  • 1980年、若手漫画家の馬栄成(マー・ウィンシン)が『中華英雄』を連載開始。黄玉郎が所有する出版社「玉郎機構」からコミックスを発売。20万部の空前のヒットとなる。その他、邱福龍李志清など優秀な漫画家が続々と入社する。
  • 1983年、『酔拳』『如来神掌』『李小龍』『漫画帝国』『玉郎漫画』『寿星仔』など多くのコミックを出版する。
  • 1986年、玉郎国際集団有限公司、香港証券取引所に上場。資産が20倍の20億香港ドルに達したといわれる。
  • 1987年、絶頂期を迎え、香港コミックの8割以上を手がける。しかしこの後、有力漫画家らが次々と「玉郎」から独立。劉定堅、馮志明が「自由人出版」を設立。
  • 1989年、馬栄成も独立し「天下出版」を設立。
  • 米国株大暴落「ブラック・マンデー」(1987年)以降、香港市場も悪化し、玉郎国際集団有限公司も行き詰る。資金繰りの悪化に悩んだ末不祥事に手を染め、逮捕。懲役4年の実刑判決。
  • 1991年、入獄。黄玉郎の不在時に、香港コミック界に多様性が生まれる。
  • 1992年、玉郎国際集団有限公司が文化伝信集団有限公司(カルチャーコム社)に改称し、黄玉郎とは異なる経営路線を歩み始める。
  • 1993年、釈放。捲土重来を期して新会社「玉皇朝」を設立。『天子傳奇』『神兵玄奇』、金庸原作の武俠作品『天龍八部』などを当て、見事に復帰を果たす。

作品一覧[編集]

金庸原作の武俠コミック
  • 天龍八部
  • 射鵰英雄伝
  • 鹿鼎記
  • 神鵰俠侶
  • 俠客行
その他
  • 龍虎門
  • 新著 龍虎門
  • 小魔神
  • 酔拳
  • 龍虎5世
  • 天子傳奇
  • 如来神掌
  • 流氓天子
  • 神兵玄奇
  • 霹靂
  • 大聖王

他、多数

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

香港漫画店