鶴亀 (山田耕筰)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長唄交響曲第3番鶴亀』(つるかめ)は、1934年山田耕筰によって作曲された、単一楽章の交響曲である。

概要[編集]

山田耕筰は日本の作曲家の中で西洋のクラシック音楽を学んだ第一世代であり、日本で初めて交響曲オペラを作曲した人物である。山田は1921年に作曲した交響曲『明治頌歌』で西洋楽器と和楽器篳篥)を用い、クラシック音楽と邦楽の融合を目指した。『鶴亀』はその路線の集大成である。

長唄とは江戸時代歌舞伎の伴奏として発展した音楽で、長唄『鶴亀』は1851年に作曲され、内容はの皇帝の長寿を祝うものである。山田はこの『鶴亀』に対位法を用いてオーケストラによる伴奏を施した。演奏時間はおよそ17分。

楽器[編集]

長唄、オーケストラ、三味線、囃子(能管篠笛)が用いられている。

録音[編集]

ナクソス日本作曲家選輯』(2006年11月)